2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

トランプ氏「中国の汚れた空気が米国にまで飛来」=中国ネット「地理が苦手?」「壁築け」

配信日時:2018年12月5日(水) 14時20分
トランプ氏「中国の汚れた空気が米国にまで飛来」=中国人「地理が苦手?」
画像ID  1048707
5日、トランプ米大統領が「中国の汚れた空気が米国にまで飛来している」と発言したと中国で伝えられ、ネットユーザーの間で話題になっている。
2018年12月5日、トランプ米大統領が「中国の汚れた空気が米国にまで飛来している」と発言したと中国で伝えられ、ネットユーザーの間で話題になっている。

中国メディアの観察者網によると、トランプ大統領はアルゼンチンでのG20サミットの期間中、米メディアの取材に応じ、気候変動問題について「中国や他の国々からの汚れた空気が米国に飛来し、米国はたくさんの出費を強いられている」などと発言したという。

この発言について、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、トランプ大統領が、不法移民を防ぐ手段としてメキシコとの国境に壁を築くことを「公約」に掲げていることに関連し、「やれるものなら中国からの風を遮る壁を築いてみよ」という反応が多くの共感を集めていた。

また「隣の韓国が言うならまだしも…」「地理の勉強が苦手だったでしょ」「空気に国籍があるのか?」「中国に責任転嫁は彼のお家芸」などの声が上がっていた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2018/12/05 17:40)

    米国国籍を狙って出産の為にやってくる中国人を揶揄してんだろ ってあのバカにそんなセンスは無いか
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/05 16:53)

    アジアから北米大陸には〈偏西風〉が流れているため、あながち常識外れとは言えない。第二次世界大戦中に日本からアメリカに向けて〈風船爆弾〉を飛ばした話は歴史上の事実である。爆弾の戦果はなかったようだが、汚染物質であれば効果はあるはずだ。これは〈汚染兵器〉と言えるだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/05 14:58)

     まぁトランプ氏にとって環境問題を指摘する人は『敵』ですからね。環境対策費に出費を余儀なくされている企業の支援も受けなきゃならんので、対中貿易戦争の布石としての意味もあったのでしょう。  中国から流れてくる大気汚染で迷惑しているのは日本ですよ。黄砂・PM2.5・温暖化ガス…壁を築けるものなら築きたいが、中国人は『汚染源』の自覚を持てよ。  大気ではなく『環境汚染』として言うなら、中国人自身も日本に迷惑をかける『汚染源』です。自分達は、政治・産業・生活環境に至るまで汚染に塗れているから平気・当たり前かも知れない毛れど、苦い経験を基に努力してきた結果の日本の環境を汚すなよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事