ノルウェーの沈没した護衛艦に救いの手、「メード・イン・チャイナ」に感謝を―中国メディア

Record China    2018年12月5日(水) 11時40分

拡大

5日、参考消息は、「ノルウェーの沈没護衛艦に救いの手、『メード・イン・チャイナ』に感謝を」と題する記事を掲載した。資料写真。

2018年12月5日、参考消息は、「ノルウェーの沈没護衛艦に救いの手、『メード・イン・チャイナ』に感謝を」と題する記事を掲載した。

記事によると、ノルウェー沖で先月8日、軍事演習を終えたノルウェー海軍の護衛艦が石油タンカーと衝突、沈没する事故が起きた。その引き揚げ作業に投入されることになったのが大型クレーン船「Rambiz」と「Gulliver」だ。いずれもベルギー企業の所有だが、建造したのは中国企業という。

つり上げ能力1600トンと同1700トンのクレーンを備えるRambizは「唯一無二のクレーン船」と称賛され、Rambizの「バージョンアップ版」となるGulliverのつり上げ能力は4000トンに上るそうだ。

記事は「中国の『クレーン船一族』の中でRambizは小型クラスでしかない」と述べ、「中国海洋石油集団が持つ『藍鯨号』のつり上げ能力は7500トン。仏エッフェル塔も難なくつり上げる」と説明。ある専門家から「中国は今、つり上げ能力2万トン級の巨大クレーン船建造を計画している。まさに海洋作業の『大力士だ』」との声が上がったことを伝えたほか、韓国メディアや韓国産業研究院から「中国の造船業は豪華客船など高付加価値市場へと転換している」「あと2、3年で韓国企業の造船技術は中国に追い抜かれる」との指摘や予測が出たことを紹介した。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

<新春特別上映会>『孔子の教え』に30名様をご招待!詳細はこちら
#中国で商標登録#おもてなし中国語#小島康誉氏コラム書籍#wechat広場

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携