2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

列車での移動距離、日本人は2位、1位は?―中国メディア

配信日時:2018年12月7日(金) 7時10分
列車での移動距離、日本人は2位、1位は?―中国メディア
画像ID  1048657
4日、環球網は、国際鉄道連合のデータを基に、世界各国の1人当たり年間平均列車利用距離を紹介した。写真はスイス。
2018年12月4日、環球網は、国際鉄道連合のデータを基に、世界各国の1人当たり年間平均列車利用距離を紹介した。

同連合のデータによると、1位はスイス人で1年間に平均2288キロを列車で移動するという。2位は日本で、乗車回数ではスイスを上回るものの、1回あたりの乗車距離が短く、平均2042キロで2位だった。

同連合はスイスについて「国土面積が4万1000平方キロで、市民は列車での移動を好んでおり、乗車回数も欧州では他国を大きく引き離している。鉄道の密度は世界トップレベルで、鉄道と他の交通機関との接続もよく、安全かつ時間が正確という点でもよく知られている。昨年の定時率は87.7%で、欧州で最も時間に正確な列車の称号を勝ち取った」と説明している。

なお、3位から10位まではすべて欧州の国で、オーストリア(1367キロ)、フランス(1271キロ)、英国(1056キロ)、デンマーク(1027キロ)、オランダ(1019キロ)、ベルギー(1004キロ)、ドイツ(984キロ)、ルクセンブルク(758キロ)の順だった。

また、年間の平均列車利用回数ランキングでは日本が72回でトップだった。2位がスイスの59回で、以下、ルクセンブルク、デンマーク、オーストリア、英国、ドイツ、ベルギー、オランダ、フランスとこちらも日本以外は欧州諸国が並んでいる。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2018/12/07 11:23)

    スイスの方が利用距離は長いんですね~ 観光列車としてのスイスは有名ですから利用が多いのは判ってましたが少し意外ですね と言うか、ゴチャゴチャ抜かしてる国はベスト10にも入らんのかよ まぁ~同じ調査を中国がしたら違う結果になるのは火を見るより明らかですがね ラック式は欧州では今も良く使われてますね 日本ではラック式と言うよりアプト式として知られてますね まぁ~アプト式もラック式の一種なんですが、より重いものに適したのがアプト式です 碓氷峠が有名でしたが1960年代にアプト式は廃止されて、一部区間だけ保存されて残ってますね 今は営業運転だと大井川鉄道に少し残っているだけですね。 後は何処かの銅山で観光トロッコ列車として残ってる程度 日本の場合は急勾配の近距離となるのでラック式にするよりケーブルカーにする方が良いんですよね
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/12/07 09:11)

    鉄道を1日2km使うだけで年730kmになるのに、中国は10位のルクセンブルグ人の年760kmにも届かない。都市部以外はほとんど鉄道に縁がないんだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • com***** | (2018/12/07 08:28)

    写真のレール中央にラックを敷設して機関車の歯車に噛ませて勾配を登る ラック式鉄道って山岳地帯の多いスイスでは今でも使われてるんですね 日本でもかな~り以前、山間部を走る際は使われていた方式です 蒸気機関車やディーゼル機関車が主流だった頃の話らしいですが・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
    14 2

最新ニュースはこちら

SNS話題記事