2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

米コーヒーショップで店員から「張さん」=アジア系男性が「差別的」と困惑―米国

配信日時:2018年12月7日(金) 23時20分
米コーヒーショップで差別?店員がアジア系男性を「張さん」と呼ぶ
画像ID  1048654
4日、中国僑網は、「米カリフォルニア州在住のアジア系男性がコーヒーショップ店員に自分とは無関係の中国人の名で呼ばれ、差別的と感じた」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年12月4日、中国僑網は、「米カリフォルニア州在住のアジア系男性がコーヒーショップ店員に自分とは無関係の中国人の名で呼ばれ、差別的と感じた」とする記事を掲載した。

記事によると、男性は元空軍軍人のJohncarl Festejoさん。12歳になる娘を学校に送り届ける途中に店に立ち寄ったそうだ。注文の際、名前を聞かれたFestejoさんは自身の名を告げ、携帯電話を使ってフルネームも相手に示した。しかし、「ご注文の品が出来上がりました」とのアナウンスでは自身とは関係のない「張さん」という名が使われたという。

当初、「アナウンスは他の人のことを言っているのだろう」と思ったFestejoさんだが、その後、注文の内容から自身が呼ばれていることに気付いた。その訳を店員に尋ねたが、店員はFestejoさんの名を聞き取った担当者に確認する際に忍び笑いをしていたそうだ。Festejoさんの娘は「こんなことは初めて。冷たい対応だと思った」との感想を漏らしたという。

記事によると、Festejoさんのクレームを受けたコーヒーショップ側はその後、謝罪。アジア系市民をサポートするある団体は「人々に不安を感じさせる事件と認識している。いかなる人種的偏見にも強く抗議する」との声明を出した。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本人***** | (2018/12/08 14:47)

     米国でも加州での話でしょ。地域による偏差は有るでしょうが、アジア系に限らず、スパニッシュ・中南米系、黒人、インド系…いわゆる有色人種も多い・名前の読みだってややこしいところで、一々そんな差別はしないよ(その方が面倒臭いから)。たぶん当事者の自意識過剰なんでしょう。  
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2018/12/08 06:35)

    「中国人のお客様」の意味で「ヘイ、ミスターチャン」って言ったのだろう。 少し前なら日本人が多かったから「ヘイ、ミスタージャップ」になるし、 韓国人なら「コリアンゴーホーム」になるだろう。 もちろん国を判別してるのではなく、数が多いかどうかで決める。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ハムス***** | (2018/12/08 00:19)

    私は日本人だからアジア系の人間に含まれる筈だが、張さん(私の日本語入力ではharisannで変換出来た)を中国語で何と発音するのか知らないし、多分発音を聞いても¨張さん¨なんて漢字は浮かばないと思う。 つまり、中国人の人名として¨張さん¨の発音が出来る店員、アナウンスを聞いて¨中国人の張さん¨と漢字まで理解できるFestejoさん。関係者全員中国人じゃないのか?
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事