Record China

ヘッドライン:

米コーヒーショップで店員から「張さん」=アジア系男性が「差別的」と困惑―米国

配信日時:2018年12月7日(金) 23時20分
拡大
4日、中国僑網は、「米カリフォルニア州在住のアジア系男性がコーヒーショップ店員に自分とは無関係の中国人の名で呼ばれ、差別的と感じた」とする記事を掲載した。資料写真。

2018年12月4日、中国僑網は、「米カリフォルニア州在住のアジア系男性がコーヒーショップ店員に自分とは無関係の中国人の名で呼ばれ、差別的と感じた」とする記事を掲載した。

記事によると、男性は元空軍軍人のJohncarl Festejoさん。12歳になる娘を学校に送り届ける途中に店に立ち寄ったそうだ。注文の際、名前を聞かれたFestejoさんは自身の名を告げ、携帯電話を使ってフルネームも相手に示した。しかし、「ご注文の品が出来上がりました」とのアナウンスでは自身とは関係のない「張さん」という名が使われたという。

当初、「アナウンスは他の人のことを言っているのだろう」と思ったFestejoさんだが、その後、注文の内容から自身が呼ばれていることに気付いた。その訳を店員に尋ねたが、店員はFestejoさんの名を聞き取った担当者に確認する際に忍び笑いをしていたそうだ。Festejoさんの娘は「こんなことは初めて。冷たい対応だと思った」との感想を漏らしたという。

記事によると、Festejoさんのクレームを受けたコーヒーショップ側はその後、謝罪。アジア系市民をサポートするある団体は「人々に不安を感じさせる事件と認識している。いかなる人種的偏見にも強く抗議する」との声明を出した。(翻訳・編集/野谷

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

D&Gが謝罪撤回?創始者が中国製品ボイコット呼びかけ?=中国ネットで不確かな情報飛び交う

1日、イタリアのブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)の販促動画などが中国で「差別的だ」と批判を浴びた問題で、中国のネット上で最近、「D&Gが謝罪を撤回」「創始者が中国製品ボイコットを呼びかけた」などとする情報が伝えられ、再び物議を醸しているという。

Record China
2018年12月2日 18時30分
続きを読む

ランキング