【募集中】韓国語社内スタッフ

二大政党制に失敗した日本=注目の第三極は「国民の生活が第一」―香港誌

配信日時:2012年11月24日(土) 18時30分
二大政党制に失敗した日本=注目の第三極は「国民の生活が第一」―香港誌
画像ID  358138
23日、香港誌・亜洲週刊はこのほど、日本の総選挙について取り上げた。日本には二大政党制は育たずに第三極の台頭を許すことになったと評している。写真は11年12月、中国を訪問した野田首相。
2012年11月23日、香港誌・亜洲週刊はこのほど、日本の総選挙について取り上げた。

その他の写真

前回選挙で圧勝し政権交代を成し遂げた民主党だが、小沢グループの離脱など離党者が相次いでいるほか、支持率も低迷している。しかし最大野党・自民党もまた巻き返しの力が乏しい。

つまり日本には二大政党制は育たずに第三極の台頭を許すことになった。経済の衰退、民族主義の高まりが続くなか、12月の総選挙は空前の大混戦になることは間違いない。石原慎太郎前都知事と橋下徹大阪市長が手を組んだ日本維新の会に注目が集まるが、小沢一郎率いる国民の生活が第一も台風の目。もし現在とほぼ同数、50議席前後を確保することができれば、キャスチングボートを握る存在となる。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事