2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本では入浴時の死者数が交通事故死者数より多いとの報道に、中国ネットが「感心」した理由

配信日時:2018年12月4日(火) 8時20分
日本では入浴時死亡が交通事故死より多い、中国ネットが「感心」した理由
画像ID  1048041
2日、看看新聞は、日本では入浴時の死者数が交通事故死者数より多いと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年12月2日、看看新聞は、日本では入浴時の死者数が交通事故死者数より多いと伝えた。

記事は、「日本は風呂大国であり、多くの人が風呂に入ることを好む」と紹介。その理由について「水資源が豊富で多くの温泉があることや、性格や文化のため日本の仕事や生活はストレスが大きく、風呂に入るとリラックスできること」を挙げた。

その上で、「消費者庁は最近、国民に向けて、入浴時の注意を発表した」と紹介。16年には入浴時に死亡した人は5228人で、交通事故で死亡した人よりも多かった。入浴時の死亡者の約9割(4821人)が高齢者だった。原因として、急激な温度変化で体に負担がかかり、「ヒートショック」で気を失うことと、高温に浸かった後貧血で倒れるケースが多いという。

これに対し、中国のネットユーザーから「これは日本での交通事故死者数が驚くほど少ないことを意味している」「日本人はルールをよく守るから交通事故は多くないのだろう。風呂で亡くなる人の方が多いというのも当然だ」「ちょっとネットで調べてみると、16年に中国では約20万人が交通事故で死亡していることが分かる」など、日本では交通事故による死亡者数が少ないことに注目したコメントが多く寄せられた。

また、「これは日本の高齢者の多くが1人暮らししていることと関係があるのでは?」との意見もあった。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • pik***** | (2018/12/04 11:40)

    そもそも、中国一般家庭に風呂(湯舟)は無いであろう!浴室一つ作るに多額の費用が掛かる為一般家庭に無いはずだ。 一般家庭はシャワァーが有れば良い方ではないか!! 北京空港に降りた瞬間「腐ったゴミの悪臭」がする!!だから中国は臭い!!中国政府と同じ匂いがする!! 入浴時の死亡者の約9割(4821人)が高齢者・・・中国人の平均寿命は何歳かね?日本人の平均寿命まで生きられる中国人は何%居るのかね? つまらぬ事で「日本に勝った勝った」と大騒ぎするな!! 老人に成る前に死を迎える中国人は当然シャワー室で死ぬ事は無いであろう!! 追伸・・・日本の「国民健康保険不正使用」は「中国人」が一番多い事は解っているぞ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/04 09:49)

     ヒートショックに限らず風呂場での事故率が高いのは事実(故にかなりまえから入浴機器には予備暖房機能も付いている)。そしてむしろ足を滑らせての転倒事故(頭部殴打が多い)は足・腰の弱った高齢者には危険です。最近は多くの入浴施設において、介助バーが設けられているのもそのため。(入浴環境を売りにした某介護事業チェーンの運営者と話した事が有るが、受け入れ要介護者を制限するのが対策としていた)。  ただ、入浴習慣・独居などの生活環境の違いが有るのに、なぜ中国メディアがこの話題を取り上げたのか…(中途半端な分析だし)。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/04 08:47)

    >入浴時に死亡した人は5228人で(中略)入浴時の死亡者の約9割(4821人)が高齢者だった 高齢者はもともと死亡する確率が高いもので、死亡したとき風呂に入っていたに過ぎない。高齢者を除けば入浴時の死亡者は400人余りで『風呂が危険』とはあながち言えないはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事