2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国のスパコン数が世界をリード、国際市場でも勢い―英メディア

配信日時:2018年12月3日(月) 15時2分
中国のスパコン数が世界をリード、国際市場でも勢い―英メディア
画像ID  1047890
スーパーコンピューターに関する最新の「TOP500」が発表された。最速は前回に続いて米国だが、システム数では中国が圧倒している。写真は天河。
2018年12月2日、中国紙・参考消息(電子版)によると、スーパーコンピューターに関する最新の「TOP500」が発表されたと英メディアが伝えた。

その他の写真

記事は「米国が最速のスーパーコンピューターを持つ国として前回から首位を守ったが、ランクインしたシステムの数では中国が他の国々を圧倒し、世界をリードしていることが明確となった」と伝えた。ランクインしたシステムの数は、中国が227台、米国は109台だといい、中国は米国の倍以上となる。

記事は「中国以外にも中国製スーパーコンピューターを採用している国は少なくない」と指摘し、「アイルランドはシステム数で7位にランクインしたが、採用しているのはレノボ(聯想)製スーパーコンピューター12台。中国は国際市場でも影響力を増している」とした。

最速は米国に譲ったが、無錫スーパーコンピューティングセンターの「神威・太湖之光」は計算速度で3位、広州スーパーコンピューティングセンターの「天河2号」は4位にランクされており、記事は「速度の面でも中国はなお存在感を示した」と伝えた。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事