2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

海外ブランドがまた中国撤退を表明―中国メディア

配信日時:2018年12月3日(月) 8時0分
海外ブランドがまた中国撤退を表明―中国メディア
画像ID  1047752
29日、中国メディアの金十数據は、海外ブランドがまた中国からの撤退を正式に表明したと報じた。資料写真。
2018年11月29日、中国メディアの金十数據は、海外ブランドがまた中国からの撤退を正式に表明したと報じた。

記事によると、イギリスのファストファッションブランド、Newlookはこのほど、中国からの撤退を正式に表明した。年内にも120店舗余りを閉店させるという。

中国市場に進出したのは14年だった。ライバルブランドであるスペインのZARAが06年に中国へ進出したのに比べると出遅れたが順調に店舗を増やした。15年には南アフリカの投資会社に買収されたのを契機に「3年で500店」を目標に掲げた。

しかし、ZARAやGAPと比べ知名度が低いことなどから出店ペースは上がらず、店舗数は200店を下回っていた。もともと若者向けで低価格のため利幅が小さい上に、他ブランドとの差別化が難しく、競争も激化したことが撤退につながったとみられる。

イギリスのファッションブランドは、ASOSやマークス&スペンサー、TOPSHOPなどが相次いで中国市場から撤退しており、Newlookまでも同じ道を歩むことになった。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2018/12/03 08:41)

    中国で出店するのは、大変なリスクが伴う。 国家間の政治的なリスク、地方政府の横暴や搾取、共産党の指導で従業員が敵になる、共産党とグルになった乗っ取り、従業員による窃盗や横領、差別商売、撤退しようとすると共産党ぐるみで追い銭を取られる、ひどい場合は駐在社員が逮捕される、等々。中国は市場が大きく魅力も大きいが、自由経済、自由貿易とはかけ離れており、官民とも不正に満ちた国だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/03 08:12)

    中国市場は巨大で魅力的ではあるが、ささいなことで〈不買運動〉が起きるリスクを含んだ『禁断の果実』でもある。果実を食べて楽園から追放されるくらいなら、自ら撤退する方が賢明と言うものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事