2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国でまた!走行中のバスで乗客女性が運転手殴打、橋の上でガードレールに衝突して停止

配信日時:2018年12月1日(土) 23時10分
中国でまた!橋走行中のバス乗客が運転手殴る、ガードレールに衝突
画像ID  1047683
貴州省内で、バス乗客が運転手を殴る事件が発生した。橋を走行中だったバスは歩道側のガードレールに衝突して停止した。写真は重慶で10月に起きたバス事故。乗客が運転手を殴ったためバスが橋から転落して15人が死亡した。
新浪網など中国メディアは1日、貴州省畢節市内で11月28日にバス乗客が運転手を殴る事件が発生したと報じた。バスは橋の上を走行中で、コントールを失い車道と歩道を仕切るガードレールに衝突して停止した。橋から飛び出せば、10メートルほど下の川に転落したところだったという。中国では10月28日に重慶市内で橋からバスが転落する事故が発生し、15人が死亡した。原因は、女性乗客が運転手に殴り掛かったことだったと判明した。

記事によると、料金の支払いをめぐって運転手と女性乗客が言い争いになり、女性客が運転手を殴り付けた。中国は自動車が右側通行なので、運転席は車内最前部の左側にある。

女性は最初に、運転手を指さしながら怒鳴りつけていたように見える。相手を指さしながら怒鳴るのは、中国人が相手を強く非難する際によくするしぐさだ。女性は次に、運転手を殴り始めた。運転士は左手でハンドル操作をしながら、右手で頭部を守った。運転手側にも右手で女性を殴り返すような動きも見える。

女性は運転手の右腕をつかみ、上半身全体をハンドルから引き離そうとするような行為をした。直後に画像が大きく揺れていることから、この時点でバスは歩道との境の仕切りに激突したと考えられる。

その後、通報を受け警察官が現場に急行して女性の身柄を拘束した。新浪網によると、12月1日時点で女性は刑事拘留、運転手は行政拘留の状態という。

刑事拘留とは刑事責任の追求を前提に、逃走や証拠隠滅を阻止するために容疑者の身柄を拘束する措置。行政拘留とは、刑事責任の追求までは必要ないと判断される比較的軽微な違法/不法行為に対する、身柄拘束の行政処罰。一般には刑事拘留、行政拘留ともに警察の判断で実施される。

運転手が処罰対象になった理由は伝えられていないが、女性乗客の攻撃に対して「反撃」したことなどの責任を問われた可能性がある。

重慶市内では10月28日、橋からバスが転落する事故が発生し、15人が死亡した。原因は、女性乗客が運転手に殴り掛かったことだったと判明した。女性乗客が下車する予定だった停留所が工事のために移動しており、バスを戻すよう要求する乗客と運転手の争いになったという。

重慶市でのバス転落事故は中国全国に大きな衝撃を与えたが、その後もバス乗客が運転手に殴り掛かる事件が繰り返し報道されている。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本人***** | (2018/12/02 14:14)

     中国共産党にとっては、高級車などに乗る人が大切なのであって、バスに乗車するような市民風情が何人亡くなろうと知った事ではないのであろう(代わりは幾等でも居る程度にしか思っていない)。だからこそ、こんな事態は日常茶飯で、これからも多発するだろう。  むしろこんな国に多くの日本人が観光に言っている事が不思議でならない。どうせ観光業者の『悠久の大地…』などとの宣伝文句に乗せられての事だろうが、その大地に暮らすのは民度の低いこうした人々である事は分かっておいた方が良かろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事