日中韓FTA、溝がどんなに大きくとも推進を―中国メディア

配信日時:2012年11月22日(木) 11時27分
日中韓FTA、溝がどんなに大きくとも推進を―中国メディア
画像ID  357788
21日、第7回東アジア首脳会議がこのほどカンボジア・プノンペンで開かれ、日中韓は自由貿易協定(FTA)交渉を正式に開始した。写真は海南省海口市の港。
2012年11月21日、第7回東アジア首脳会議がこのほどカンボジア・プノンペンで開かれ、日中韓は自由貿易協定(FTA)交渉を正式に開始した。日中韓FTAが今日の段階まで達するのは容易ではなかった。われわれは引き続き日中韓FTAの重要な意義を重視し、交渉の順調なスタートを積極的に促すべきだ。環球時報が伝えた。文:李光輝(中国商務部国際貿易経済協力研究院副院長)、梁明(同研究員)。

その他の写真

日中韓はアジア経済の柱であり、世界全体でも重要な経済体だ。しかも日中韓の経済的、貿易的結びつきは日増しに緊密化しており、互いに重要な経済貿易協力パートナーであり、ターゲット市場だ。FTAが締結されれば、人口15億を超える巨大市場が出現し、世界で人口の最も多い発展途上国と先進国による自由貿易圏となる。また、日中韓関係の強化は東アジアの経済統合プロセスを促し、貿易・投資障壁の撤廃、地域市場の拡大などの経済効果をもたらす。FTA締結は中国のGDPを1.1〜2.9%、日本のGDPを0.1〜0.5%、韓国のGDPを2.5〜3.1%押し上げると予測される。

日中韓FTAの締結は中国に重視すべきプラス効果をもたらす。第1に中国と日韓との間の貿易・投資障壁の撤廃に際し、中国の対日韓貿易・投資規模を拡大する。第2に中国と日韓の産業チェーンの合理的配置を促し、資源の利用効率を高める。第3に生産・貿易・福祉分野で相当のマクロ経済収益を中国にもたらし、雇用水準を高める。第4に中国がFTA戦略の実行を加速して、米国がアジア太平洋地域で推し進めている環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に対抗して、中国の利益の最大化を実現するのに役立つ。日中韓FTAはASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3(日中韓)および域内包括的経済連携(RCEP)の交渉・締結の基礎と前提であり、アジア地域の経済統合プロセスを加速する。これによってアジア諸国は域内経済統合で主導権を独占し、米国主導のTPPのアジアでのプレゼンスとの抑制均衡を図ることができる。

日中韓FTAの締結は日中韓に明らかな経済効果をもたらすが、その交渉は自ずと多くの難点や障害を抱えており、決して順風満帆とはいかない。経済面では日中韓の経済水準の差は比較的大きく、産業の分業も不均衡だ。こうした要因によって貿易・投資面の障害や摩擦が増加している。農業にいたってはFTA交渉における最大の問題だ。政治面では日中韓の相互信頼は相対的に低く、領土紛争の問題や歴史に対する姿勢の問題、そして日本の「憲法改正」問題が、FTA交渉のプロセスに制約を課すことになる。

様々な困難や障害はあるが、われわれは日中韓FTAが未来に着眼した戦略的措置であり、日中韓の商工業界が共に期待していることを認識すべきだ。われわれはより積極的な姿勢でFTAの交渉・締結を推し進め、経済協力によって日中韓の間に存在する政治的溝を解消し、経済協力によって北東アジアの地域リスクを解消しなければならない。(提供/人民網日本語版・翻訳/NA・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事