2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国の太陽エネルギー産業、中国との価格競争で劣勢に―米華字メディア

配信日時:2018年12月3日(月) 5時50分
韓国の太陽エネルギー産業、中国との価格競争で劣勢に―米華字メディア
画像ID  1047476
30日、米華字紙・多維新聞は、「韓国の太陽エネルギー産業が中国企業との価格競争で劣勢に立たされている」として、韓国紙の記事を転載した。資料写真。
2018年11月30日、米華字紙・多維新聞は、「韓国の太陽エネルギー産業が中国企業との価格競争で劣勢に立たされている」として、韓国紙の29日付の記事を転載した。

記事はまず、韓国政府は近年太陽エネルギー産業に多額の投資を行ってきたが、中国の競合企業との低価格コスト競争で劣勢に立たされ、韓国の同産業は危機的状況に陥っていることを紹介。

次に記事は、韓国大手太陽エネルギー企業の現代重工グリーンエネルギーが、「低価格生産ラインを停止し、今後は高性能パネルと太陽電池の生産事業に注力する」と宣言したことを伝え、これを「現代重工グリーンエネルギーが正式に太陽エネルギーの低価格競争から手を引いたことを意味する」と分析。

同社は近年低性能の太陽電池の輸出に注力していたが、その単価は全体的に中国製品よりも10%から20%高くなっており、2017年の営業損益は赤字を計上している。また、同社と長期供給提携を結んでいる関連企業も2014年から中国企業に価格面で打ち勝つことができず、今年3月に倒産したという。

韓国産業通商資源部が公表したデータによれば、韓国国内の太陽光パネル市場において、韓国産製品が占める割合は2014年の82.9%から今年9月には66.6%まで下がっている。一方、中国製品は同17.1%から33.4%へ上昇。記事はこの理由について「太陽エネルギー企業がコスト削減のため低価格な中国製品を選択するため」としている。

記事はまた、韓国政府は太陽エネルギー産業に大量の予算と補助金をつぎ込んでいるが、これが中国に「おいしい思い」をさせていると業界からは批判が出ていると紹介。中小規模の太陽光パネルメーカーの担当者は「中国企業には価格競争では勝てない。去年はすでに10社の同業社が倒産しているが、今年も楽観視できない」と話しているという。

また、記事はある市場調査会社の「中国企業の低コスト攻勢が強まる中、世界の太陽光パネル価格は今後も引き続き下落するだろう」という予測を伝えている。(翻訳・編集/和田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2018/12/03 20:56)

    結局値段でしか勝負ができないところに問題があるってことに気が付かないんですね。高くても付加価値があれば売れるものなんですが、それには地道な研究開発が必要なので韓国企業にはできないんでしょう。手っ取り早く猿真似で稼ごうとしてるんだから仕方ないですよね。 別の猿真似を見つけるしかないんじゃないですか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2018/12/03 11:49)

    賃金が高い上に生産性が低いのでは低価格競争に勝てるわけがないよね・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/03 10:18)

     太陽光発電の是非はともかく…。  盗人 vs 盗人の戦いとなれば、中国が勝つわな。  エネルギー政策という社会的課題を、単なる損得勘定でしか図れないバ韓国。高性能パネルに注力…と言うが、誰が・韓国の謳う高性能を信用して買うの?(品質は低価格並で、価格だけは高性能なんでしょ)。少なくとも日本は買いません。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事