Record China

ヘッドライン:

韓国の書院にあった「日本の松」撤去、ネットでは疑問の声も

配信日時:2018年11月30日(金) 21時40分
拡大
29日、韓国・ニューシスによると、韓国・慶尚北道安東市の陶山書院から、「日本の松」と呼ばれるコウヤマキが撤去された。写真は韓国。

2018年11月29日、韓国・ニューシスによると、韓国・慶尚北道安東市の陶山書院から、「日本の松」と呼ばれるコウヤマキが撤去された。

書院の書堂(寺子屋)前にあったコウヤマキは26日、書院の塀の外側にある山の麓に移された。コウヤマキがあった場所には直径12センチ、高さ1.5メートルの梅の木が2本植えられたという。

同書院のコウヤマキは1970年12月、聖域化事業竣工を記念して当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領により植えられた。コウヤマキは2年後に枯れてしまったが、同市が同じ樹種を購入して再び植えていたという。しかし市民らから「日帝残滓(ざんし)を排除すべき」「梅や菊など他の植物と合わず景観を損ねている」などと指摘する声が相次いで寄せられたため、市は事業費2500万ウォン(約250万円)をかけてコウヤマキを移動させたという。

これに韓国のネットユーザーからは疑問の声が多数上がっている。

「木を移動させるのに2500万ウォン?お金が有り余っているのか?ただ引き抜けばよかったのに」「切って薪(まき)として使えばよかった」「そのお金があれば貧しい国民を救えた。そんなに日本の松が大事?」など、予算の無駄遣いを指摘するものが多く寄せられている。

一方で「日本産でも中国産でもいい。悪いのは親日派であり、木に罪はない」「木は自然の一部にすぎない。人間の葛藤に巻き込まれてかわいそう」「木を移動させたら何かが変わるの?韓国の公務員は問題の本質が分かっていない」など、木を「日帝残滓」とみるべきでないと主張するものも見られた。(翻訳・編集/堂本

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング