2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国の書院にあった「日本の松」撤去、ネットでは疑問の声も

配信日時:2018年11月30日(金) 21時40分
韓国の書院にあった「日本の松」撤去、ネットでは疑問の声も
画像ID  1047333
29日、韓国・ニューシスによると、韓国・慶尚北道安東市の陶山書院から、「日本の松」と呼ばれるコウヤマキが撤去された。写真は韓国。
2018年11月29日、韓国・ニューシスによると、韓国・慶尚北道安東市の陶山書院から、「日本の松」と呼ばれるコウヤマキが撤去された。

書院の書堂(寺子屋)前にあったコウヤマキは26日、書院の塀の外側にある山の麓に移された。コウヤマキがあった場所には直径12センチ、高さ1.5メートルの梅の木が2本植えられたという。

同書院のコウヤマキは1970年12月、聖域化事業竣工を記念して当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領により植えられた。コウヤマキは2年後に枯れてしまったが、同市が同じ樹種を購入して再び植えていたという。しかし市民らから「日帝残滓(ざんし)を排除すべき」「梅や菊など他の植物と合わず景観を損ねている」などと指摘する声が相次いで寄せられたため、市は事業費2500万ウォン(約250万円)をかけてコウヤマキを移動させたという。

これに韓国のネットユーザーからは疑問の声が多数上がっている。

「木を移動させるのに2500万ウォン?お金が有り余っているのか?ただ引き抜けばよかったのに」「切って薪(まき)として使えばよかった」「そのお金があれば貧しい国民を救えた。そんなに日本の松が大事?」など、予算の無駄遣いを指摘するものが多く寄せられている。

一方で「日本産でも中国産でもいい。悪いのは親日派であり、木に罪はない」「木は自然の一部にすぎない。人間の葛藤に巻き込まれてかわいそう」「木を移動させたら何かが変わるの?韓国の公務員は問題の本質が分かっていない」など、木を「日帝残滓」とみるべきでないと主張するものも見られた。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • har***** | (2018/12/02 16:57)

    これは全部切ってツルツルのハゲ山にした方が良い 少しでも日程残滓は無きものに なぁ~ ボケカス
    このコメントは非表示に設定されています。
  • tko***** | (2018/12/01 09:10)

    日帝と金しか頭にないないクズ、韓国人という記事でした。 君たち知らないうちに日本語を使ってるのもやめたらどうでしょうか? 全て韓国語で話しているとでも思ってるんですか韓国人。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/12/01 00:16)

    あれ? 日帝時代に植えられた桜は引っこ抜かないの? 桜は完全に日本産だと証明されたのに。松も桜も根っこまで全部抜かないと、しつこく生えてくるから頑張ってやるんだよ。 それと、日本人は日帝時代に学校を作って、それまでは存在しなかった「公共性」を朝鮮に植え付けたから、それも引っこ抜くといいよ。あ、ごめん。それは既に枯れ果てているね。 あと、日本語由来の単語もまずいよ。全部廃止すべきだね。でもそうすると韓国語を使えなくなっちゃうかな。 もっと大事なことがあった。朝鮮では日帝時代になって初めて人口爆発が起きたんだったね。2/3位の韓国人は自殺して日帝時代に増えた人を減らさないと、ご先祖様に申し訳が立たないんだけど・・・できる? でも、頑張って全部ちゃんとやろうね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事