2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

1人の少女の死で法律を変えた日本、中国は鑑とすべき―華字紙編集長

配信日時:2018年12月1日(土) 12時10分
1人の少女の死で法律を変えた日本、中国は鑑とすべき―華字紙編集長
画像ID  1047264
29日、今日頭条に、大阪北部地震の際に倒壊した壁で女児が圧死した事故が日本政府を動かし、法律の改正が実現したとする、日本新華僑報の蒋豊編集長の文章が掲載された。資料写真。
29日、日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長によるコラムが中国のポータルサイト・今日頭条に掲載された。大阪北部地震の際に倒壊した壁で女児が圧死した事故が日本政府を動かし、法律の改正が実現したことを紹介する内容だ。

今年6月、大阪北部地震により大阪府高槻市の小学校の外壁が崩れ、その下を歩いていた登校中の女子児童が巻き込まれて圧死する事故が発生した。

コラムは、建築基準法では学校に対して外壁を3年に一度定期検査するよう求められていたが、契約業者が2010年、13年、16年の検査を実施していなかったことが発覚したほか、この9年間に外部の専門家から危険性が指摘されていたにもかかわらず、教育委員会の歴代の責任者が調査結果の確認をしていなかったことも分かったと伝えている。

そして、この事故の発生を受けて日本政府が11月27日、来年より自治体が指定した災害時避難路に面するブロック塀について、所有者に耐震性の確認を義務付ける「耐震改修促進法」の政令を閣議決定したと紹介。今後同様の「天災に伴う人災」を避けるために講じた措置であり、同法に反してブロック塀の耐震診断をしなかった場合は自治体が指導し、これに従わなければ物件名が発表されることになるとした。

蒋氏は「各社会はそれぞれ異なる問題を抱えている。これらの問題に対して、適切な措置を講じて問題を解決あるいは縮小するか、些細な事柄を重大な問題と捉えて重視するかで、悲劇が繰り返し発生するかどうかが決まる。社会のあらゆる面で進歩できるかはこの点にかかっており、急速に経済が発展する中国においては、日本のやり方を参考にすべきなのかもしれない」と評している。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2018/12/01 12:26)

    日本と中国では、政治の根本が違う。 日本は中世から小さな村落共同体の中で強い公共性を生み出し、その公共性は現代の民主主義へと引き継がれている。これは、中世都市の公共性が現代に引き継がれている西欧に似ている。 中国は血縁社会だったため、血縁の中にだけモラルがあり、公共性といった血縁を超える社会性を生み出さなかった。政治は一君万民の王朝政治が続き、政権は血縁集団単位に支配した。これはイスラム世界と相似している。 日本の政治は国民のためになることが基本であり、強い公共性がそれを支えている。中国の政治は政権にある者の都合で進められることが基本になっている。公共性は概念すら存在せず、国民が公共のために団結することはありえない。 中国の政治が一人の少女によって動くことは、考えられる中国の未来ではあり得ず、あったとすれば、それはもはや、中国ではなくなっているだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事