2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

粉ミルクを買おうとした中国系女性、店員に没収される、理由は…―豪州

配信日時:2018年12月1日(土) 20時10分
粉ミルクを買おうとした中国系女性、店員に没収される、理由は…―豪州
画像ID  1047263
観察者網は11月29日、オーストラリア・シドニーにあるスーパーマーケットで、中国系オーストラリア人女性が乳児用粉ミルクを購入したところ、店員に没収されるトラブルが発生したと報じた。資料写真。
観察者網は11月29日、オーストラリア・シドニーにあるスーパーマーケットで、中国系オーストラリア人女性が乳児用粉ミルクを購入したところ、店員に没収されるトラブルが発生したと報じた。

現地時間22日午後8時ごろ、女性が現地のスーパーで買い物をし、レジの列に並んでいたところ、制服を着た店員がやって来て、粉ミルク缶2つを持って行ってしまった。女性が店員に理由を尋ねると、店員は「このミルクはオーストラリアの子ども用にとっておいたものだ」と回答したという。

公開された動画には、女性が「それは、うちの子がオーストラリアの子じゃないという意味か」と声を震わせながら聞いており、これに対して店員が無表情で「申し訳ありませんが、上司がダメだと言ってますので」と取り合わない様子が映っていた。

その後女性は「上司」という人物を呼び出して交渉し、結局「上司」は女性が粉ミルクを購入することに同意したという。

トラブルが起きた背景として、2015年に中国の個人輸入業者がオーストラリアで粉ミルクを大量に買い占める現象が発生し、同国政府が粉ミルクの不法輸出を取り締まる政策を打ち出したほか、スーパーも粉ミルク商品の購入制限を実施したことがあるようだ。

スーパーを運営する企業の広報担当者は、店のマネージャーがすでに女性と連絡を取り、謝罪をしたとコメントした。しかし女性は納得しておらず、公の場での謝罪を望んでいるという。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 真実の***** | (2018/12/02 00:54)

    何で中国人に売るんだ!! 「一部の中国人が悪いだけ」とか、「この人は違う」などというのは、先進国の理屈であって、中国人はそれをいつも都合よく悪用する。中国国内ではそのような理屈は通用しないし、中国人の中でも通用しない。西域の収容所を見れば、中国でそのような理屈が通用していないことは明白だろう。 中国人が西域の人を野蛮に抑圧しながら、オーストラリアで他人の迷惑を顧みない買い占めをしながら、先進国の「善良」な理屈によって恩恵を受けるとは、全くおかしな話だ。「善良」に対応しても、我々のメッセージは中国人に伝わらず、中国人はズルすることに味をしめるだけだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/01 21:52)

     真実この女性が、中国系とはいえオーストラリア国籍で・現地に在住し・子供も同国籍者なら同情の余地は有る。  しかし問題の根本は、中国の個人輸入業者がオーストラリアで粉ミルクを大量に買い占めた事にある。オーストラリア政府及び当該スーパーマーケットは、むしろ自国の子供に粉ミルクが行き渡らない被害に対し・自衛策を図っただけである。  責められるべき(謝罪すべき)は、こうした輸入業者を放置し、また中国内に安全な粉ミルクを供給できない中国政府にある。当然、件の女性もそうした輸入業者の悪質で・独善的な行為を告発し、そのもたらした今回のような事態=結果について謝罪を要求すればよい。  店側の謝罪を受けたにも拘わらず『納得できない・公式の場で謝罪しろ』…というのは、このトラブルを報じているのが観察者網であることからも、中国の毎度おなじみ『被差別アピール』に過ぎないのではないか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事