2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国が新潟産のコメ輸入解禁、でも日本国内にはこんなことを考える人も―中国メディア

配信日時:2018年11月30日(金) 10時50分
中国が新潟産のコメ輸入解禁、でも日本にはこう考える人が―中国メディア
画像ID  1047255
30日、環球時報は、中国政府が7年半ぶりに新潟県産のコメ輸入を解禁した一方で、日本国内ではある懸念も出ていると報じた。
2018年11月30日、環球時報は、中国政府が7年半ぶりに新潟県産のコメ輸入を解禁した一方で、日本国内ではある懸念も出ていると報じた。

2011年3月の福島第一原発事故の影響により中国政府は日本の東北地方や新潟県など10都県からの食品輸入を停止してきたが、日本の農林水産省が29日に「中国政府が新潟県産米の輸入禁止を解除した」と発表。中国海関総署に登録した日本の工場で加工した精米が、中国に輸出できるようになった。中国政府の決定に対して農水省は歓迎の意を示すとともに、他県産食品の輸入再開についても引き続き話し合いを進める姿勢を示した。

記事はこうした経緯を紹介する一方、「日本国内には、輸入解禁が中国の外交カードになることを懸念する人もいる」と説明。「米国との貿易摩擦が起こる中で日本との関係改善に乗り出している中国にとって、この問題は絶好の外交カードであり、完全解禁の道のりは遠い」との見方が日本のメディアから出ていると紹介した。

また、中国本土以外にも韓国、シンガポール、台湾などで原発事故に伴う日本産食品の輸入規制が行われているとし、台湾では先日の住民投票で5県産食品の輸入禁止継続が決まったと説明。日本国内でも福島県や近隣地域の農作物に対する複雑な感情があり、「一部の福島の住民は放射線量測定器を携帯し、安全を確かめてから購入している」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/12/11 23:49)

    日本は対中国でもアメリカでも見下して販売などしない。 在日中国人から情報を得ているだろうが、日本国内でも検査検査で確実性が無いと日本の信用問題に繋がるから輸出はしていない。 中国国内の品質問題を日本に当て嵌めるべきでは無い。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/30 16:19)

    >一部の福島の住民は放射線量測定器を携帯し、安全を確かめてから購入している それは〈個人の自由〉であり、政府が禁止することでもない。たとえば日本人の中には〈寿司や刺身〉は食中毒になるので食べない人がいる。日本人が食べないものを中国人に売ってはいけないなら、中国にある寿司屋はすべて閉鎖になるはずだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ser***** | (2018/11/30 11:36)

    「東北地方や新潟県など10都県からの食品輸入を停止してきた」 そもそも、これ自体が間違っていただろ。 百歩譲って福島県産だけ様子を見るってならいざしらず、 全然影響のない地方まで、筋が通らないだろ。 こいつらと言い、南朝●人と言い、毎日PM2.5や黄砂、 その他もろもろを肺に吸い込んで生活している奴らが、 微量の放射能だけに神経とがらせてんじゃねえよ! と、言ってやりたい。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事