男の子を生んだはずなのにお風呂から帰ってきたら女の子になった?DNA鑑定する騒動に―中国

配信日時:2018年11月30日(金) 15時20分
男の子を生んだのにお風呂から帰ってきたら女の子に?DNA鑑定へ―中国
画像ID  1047006
27日、中国新聞網は、貴州省の病院で出生後に看護師から「男の子」と言われた赤ちゃんが、数時間後に「女の子」として戻ってくるトラブルが発生し、病院と家族が親子鑑定を依頼したと報じた。
2018年11月27日、中国新聞網は、貴州省の病院で出生後に看護師から「男の子」と言われた赤ちゃんが、数時間後に「女の子」として戻ってくるトラブルが発生し、病院と家族が親子鑑定を依頼したと報じた。

現地時間22日午前0時54分、同省貴陽市の総合病院で赤ちゃんが誕生した。生まれた際に看護師は家族に「男の子です」と伝えたが、その約7時間後、入浴などを済ませて家族の前に現れたのは女の赤ちゃんだった。

家族に「男の子です」と伝えた看護師の黄さんは「仕事を始めて1カ月あまりで、出産当時母体の状態が良くなかったのでとても緊張していた。緊張のあまり、お腹から出てきた子の性別を確認するのを忘れ、他のスタッフが男の赤ちゃんの話をしているのを聞いて、生まれたのは男の子だと思ってしまった」とし、自分のミスであると説明。また、産婦人科の看護師長は「その日の夜に生まれた赤ちゃんは1人だけで、赤ちゃんを取り違えたということはあり得ない」とした。

病院は直ちに父親に状況を説明し、謝罪するとともに、問題解決の方法を提起したが、家族側は「これは費用の問題でもないし、わが子が男か女かも大きな問題ではない。一番大事な問題は、この子が本当に自分たちの子なのかということだ」と反発した。

双方の話し合いは平行線をたどり、連絡を受けた警察官の仲裁を経て、双方は共同で貴州医科大学の法医学鑑定センターでDNAによる親子鑑定を委託することで決定。鑑定は病院側の費用で行われ、現在結果が出るのを待っている状況だ。

鑑定結果は、鑑定委託書が効力を生じてから15営業日後に発表されるという。同市南明区の当局関係者は「本当の親子との結果が出れば問題ないが、そうでなかった場合は刑事案件として警察に引き渡す」と語っている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事