Record China

ヘッドライン:

韓国で魚の胃の中からペットボトル見つかる、海洋汚染と健康被害に不安―英メディア

配信日時:2018年11月29日(木) 23時0分
拡大
韓国の漁師が捕ったアンコウの胃袋からペットボトルがそのまま出てきたという。写真は韓国のスーパー。

2018年11月26日、環球科技によると、韓国の漁師が捕ったアンコウの胃袋からペットボトルがそのまま出てきた。

英紙デイリー・メールによると、韓国の漁師が全羅北道の海辺で500ミリリットルのペットボトルを飲み込んだアンコウを見つけた。腹の部分が不自然に膨らんでいるのに気づき、裂いてみたところペットボトルが丸ごと出てきたという。

アンコウは一般に体長40~90センチ。漁師は「中からプラスチックごみが出てくる魚は増える一方だと感じる」とし、海洋汚染と健康被害への懸念を口にした。

韓国海洋水産部によると、韓国では毎年18万トンもの海洋ごみが発生しているという。韓国環境運動連合(KFEM)の全羅北道事務局長は、今回見つかったアンコウは韓国の海洋ごみ問題の深刻さを示す事例だと話している。

なお、国連の2017年発表の報告書では年間800万トンのプラスチックごみが海に捨てられているとされ、このペースだと2050年には海中に漂流するプラスチックは魚よりも多くなる見込みだという。(翻訳・編集/岡田)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

<写真特集>ペットボトルでゴクゴクぷはー!動物たちの暑さ対策がかわいすぎる

中国でも連日猛暑日となっており、動物園では氷やスイカを与えるなどして動物たちの体調を管理している。水浴びをした後におっさんのように座るクマや、ペットボトルに入った蜂蜜をゴクゴク飲むゴリラなど、人間顔負けの姿が捉えられた。

Record China
2018年7月23日 15時30分
続きを読む

韓国経済がついに復活?意気込む文大統領に韓国ネットは冷ややか

20日、韓国・イーデイリーによると、韓国の文在寅大統領が「水が入ってくる時に櫓を漕げという言葉があるように、このチャンスを生かせるようベストを尽くしてほしい」と述べ、危機に陥っている自動車産業と造船産業への支援の意思を強調した。資料写真。

Record China
2018年11月21日 7時10分
続きを読む

ランキング