2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「近道」に「替え玉」…、中国ハーフマラソン大会で処分された違反者はなんと258人!―中国メディア

配信日時:2018年11月29日(木) 16時10分
中国ハーフマラソン大会で違反者続出、処分された人数は258人!
画像ID  1046941
28日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、広東省深セン市で行われたハーフマラソン大会で、出場選手による不正が相次ぎ258人が処分を受けたと報じた。
2018年11月28日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、広東省深セン市で行われたハーフマラソン大会で、出場選手による不正が相次ぎ258人が処分を受けたと報じた。

25日の同大会終了後、ネット上で多数の選手による不正行為が暴露された。そして、同大会の微博アカウントは28日に「計測チップのデータ、ビデオ映像や現場の写真などから、計258人による違反行為が証明された」と発表。そのうち、ゼッケンの偽造が18人、替え玉出場が3人、緑化帯を横切るショートカットが46人などとなっている。大会組織委員会は、ゼッケン偽造、替え玉出場の21人について大会から永久追放とし、その他の違反選手については2年間の出場禁止とすることを決定した。

違反者が続出したマラソン大会について、中国のネットユーザーは「恥ずかしいから参加するなよ」「みんなSNS映えのために参加してるだけ」「中国のマラソン大会の実体は、政府の見せびらかし、商売人の金もうけ、市民の見えっ張りの場」「こんなマラソン大会にどんな意味があるのか」といった批判や疑問の声を寄せている。

また「やっぱり、中国人は何でもかんでも近道しようとするのが好きなんだな」「ウチの学校のスポーツテストでもこんなことが起きていた」「投機的な行動に出るのがこの民族の特性だ」とするユーザーもいた。

一方で「大部分のランナーは真面目に走っている」として、全てのマラソン愛好者をひとまとめにして論じるべきではないとの見方も出ている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/12/01 06:24)

    日本国内でもマラソン人口は多いが中国では、マラソン走ると何か特別待遇にでもして貰えるのだろうか? こんなことして捕まるって恐ろしく情けない。 中国では国内であった事件や事故を情報操作して報道すると昔から有名だがここに来て国の恥さらしになるからだという理由が分かる気がする。 ほんの一握りなら解かるが余りにも多過ぎる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2018/11/29 23:41)

    こんな事した結果何の利益があるんだろう?タイムが多少良くなっても金が貰えるわけでもなかろう。 不正をする人は必ず何がしらの利益を求めて行うはずなんだが。 分からん(^^)
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/29 18:34)

    >大部分のランナーは真面目に走っている >全てのマラソン愛好者をひとまとめにして論じるべきではない 真面目に走ったランナーが表彰台に上がれず、不正をしたランナーが罰せられなければ『次は自分もショートカットしよう』と思うはずだ。良い行いはなかなか広まらないが、楽して得をする行為は簡単に広まるものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事