2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国3隻目の空母=8万トン級で電磁カタパルト装備、2019年にも進水か

配信日時:2018年11月29日(木) 15時40分
中国3隻目の空母=8万トン級で電磁カタパルト装備、来年にも進水か
画像ID  1046897
中国メディアの環球網は、中国にとっての3隻目の空母は8万トン級で、電磁カタパルトを装備するなどの見方を紹介する記事を掲載した。写真は中国にとって2隻目の空母。3隻目の空母がカタパルトを装備すれば、飛行甲板前部の「そり上がり」は姿を消すことになる。
中国メディアの環球網は27日、中国にとっての3隻目の空母は8万トン級で、電磁カタパルトを装備するなどの見方を紹介する記事を掲載した。

中国は1998年にウクライナから未完成の空母を購入し、遼寧省大連に回航して大幅な改造を施した上で「遼寧」と命名し、2012年9月に就役させた。中国にとって2隻目の空母は国産で2015年に建造を公式に認め、17年4月に進水させた。18年11月時点では試験航海を繰り返す状況だ。同年末に就役する可能性があるとの見方もある。

中国は「遼寧」を「001型」航空母艦、2隻目の空母を「001A型」としている。「遼寧」の満載排水量は6万7500トンで、「001A型」はやや大きい程度とされる。ただし、格納部分の拡大により、「遼寧」では最大24機だったJ―15(殲15)艦上戦闘機の搭載機数が、「001A型」では大幅に増えたとの見方もある。

環球網は27日、「001A型」に続く「002型」空母について、排水量が8万トン級で航空機を射出する電磁カタパルトが搭載されるとの見方を紹介した。

記事によると、遼寧の設計責任者を務めた朱英富氏はかつて四川電子科技大学で行った講演で、「わが国は現在、蒸気カタパルトと電磁カタパルトの両方を研究しているが、私個人の気持ちはより先進的な電磁カタパルトに傾いている。これらの技術は成熟すればすぐに、将来建造される空母に応用されるはずだ」と述べたという。

空母に搭載されるカタパルトとは、航空機(固定翼機)を加速して射出する装置で、陸上基地と比べて遥かに短い滑走距離で発艦させるために用いる。軍用機がジェット化して重量が大きくなり発艦時の速度も大きくなったことにより、空母にとってカタパルトはなおさら重要な装置になった。

カタパルトを装備しない航空母艦は、飛行甲板の先端を上方にそり上げた「スキージャンプ式」などと呼ばれる方法で搭載機を発艦させる。この場合、離陸重量を減らさねばならず、武器や燃料の搭載が大きく制限されるという。つまり、行動半径や攻撃力などで航空機本来の能力を十分に発揮しづらいことになる。

実用的な空母用カタパルトの技術を有するのは米国だけで、1950年代に用いられ始めた蒸気式カタパルトを改良して現在も使用している。米国は次世代型の電磁式カタパルトの開発をほぼ完了し、最新鋭のジェラルド・R・フォード級航空母艦に搭載することを決めた。

電磁式カタパルトは射出時の加速をコントロールできるので航空機の機体にかかる負担を減らし、機体寿命を長くすることが期待できるという。一方で、短時間に膨大な電力を消費するので、原子力空母などに適した方式とされる。

環球網記事によると、朱英富氏は四川電子科技大学での講演で、中国が建造する空母について「さらに原子力推進のことがある。将来、わが国は必ず実施する。皆さんは忍耐心を持って待っていていただきたい。われわれは迅速に世界の先進レベルに追いつくと信じている」と説明したという。

米国は現在、ニミッツ級空母10隻と、ジェラルド・R・フォード級空母1隻の、いずれも原子力空母11隻を就役させている。

環球網によると、朱氏は中国の空母保有数について「米国のように多い必要はない。ただし、最少でも3隻は保有すべきだ。条件が整い4、5隻保有すれば、さらによい」と述べたという。

なお、中国メディアの捜狐は26日、中国にとって3隻目となる空母について、これまでにインターネットなどで紹介された写真などから、「2019年に進水することには、何の問題もない」との見方を示す記事を掲載している。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事