2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「歯が折れた」「部屋じゅう血だらけ」は事実ではない?日本人女性へのDVで逮捕された中国人俳優の弁護士が見解―中国メディア

配信日時:2018年11月29日(木) 11時30分
「歯が折れた」は事実でない?日本人女性にDVの中国人俳優の弁護士が見解
画像ID  1046779
28日、新浪娯楽によると、交際相手に対する傷害容疑で警視庁巣鴨署に逮捕された俳優ジャン・ジンフー容疑者について、同容疑者の弁護士が被害女性の主張を一部否定する見解を示した。写真はジャン容疑者。
2018年11月28日、新浪娯楽によると、交際相手に対する傷害容疑で警視庁巣鴨署に逮捕された俳優のジャン・ジンフー(蒋勁夫)容疑者について、同容疑者の弁護士が被害女性の主張を一部否定する見解を示した。

ジャン容疑者は28日午後、弁護士と通訳を伴なって巣鴨署に出頭、逮捕された。被害を受けたとされる日本人女性は7月から日常的にドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたと主張している。

記事は、日本メディアの報道として、ジャン容疑者が女性に暴力を振るったことを認める供述をする一方で、その理由については「プライベートなもので、言いたくない」と語っていると伝えた。

記事によると、ジャン容疑者側の弁護士は「10月12日に交際相手を殴ったことは認めている。ただ、病院の診断書を受け取ったが、交際相手が言う『歯を折られた』『部屋じゅう血だらけになった』という状況は認められなかった」との見解を示したほか、交際相手が確かに10億円の賠償金額を請求したとする一方で、その後の交渉で金額に変化が出たかどうかは明らかにしていない。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/11/30 00:02)

    本人がDV認めている段階で、『歯を折られた』『部屋じゅう血だらけになった』という状況は認められなかった?? やっている段階で、相手の歯が折れたかどうかなんて覚えているとは思えない。 逆に覚えているのなら暴力を振るってはいけないと自粛するもの、DVしている段階で異常者だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/11/29 14:11)

    親友という奴が、女性の腹部レントゲン写真を公表して妊娠したと嘘をついたと非難して中国国内で女性バッシングが大々的に始まったとレコチャが書いていたよね。フォロワー数が1千万人を越えるスターだと何でも許されるのかね、中国では。日本ではどんな名優でも暴力傷害行為は許されない。俳優生命も終わっている。朝青龍も相撲界から追放された。 暴行を認めて謝罪もせず、暴行理由は言いたくないで通ると思っているのか。懲役2年の判決は必死だとか、しかし初犯で執行猶予がついたら何の意味もない。中国に帰ってしまえば民事訴訟も進まなくなる。絶対に実刑に。金槌で殴るとは殺人未遂で起訴しろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/29 11:52)

    >病院の診断書を受け取ったが、交際相手が言う『歯を折られた』『部屋じゅう血だらけになった』という状況は認められなかった 『歯を折られた』はともかく、『部屋じゅう血だらけになった』かどうかは診断書に書いてあるはずがない。医師が部屋の惨状を確認したわけではないからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事