Record China

ヘッドライン:

日本の企業が希望者は75歳まで働けると発表=「まずは75歳まで生きられることを目標にしたいと思う」―中国ネット

配信日時:2018年12月23日(日) 5時40分
拡大
21日、新京報は、日本の企業が希望者は75歳まで働けると発表したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年12月21日、新京報は、日本の企業が希望者は75歳まで働けると発表したと伝えた。

記事は、「すかいらーくホールディングスは20日、パート・アルバイト従業員の定年を引き上げ、希望者は75歳まで働けることを発表した。この企業は日本全国に3200以上のレストランを展開しており、多くの従業員から70歳以上になっても働きたいとの要望があったため定年を5歳引き上げることにした。来年1月1日から正式に開始する。この企業では65歳から70歳の従業員が1000人を超えている」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「75歳といったら普通はもうそんな体力はないだろう」「私はその年齢まで生きられないと思う」「まずは75歳まで生きられることを目標にしたいと思う」などの悲観的なコメントが寄せられた。

また、「生活のためだろう。子どもが親の面倒を見ないからだ」「日本の高齢者は孫の面倒を見ないから暇なのだろう」「これは若者の失業率を増やすことになるのではないか?高齢者の方がコストは安いだろうから。これは決して良い傾向ではない」などの意見もあった。

しかし、「中国でも農村では75歳の高齢者が畑仕事をしている」「年をとっても働けるというのは健康的だ」「75歳でも自分の価値を見いだせるというのはうれしいことだ」など、積極的なコメントも少なくなかった。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本は70歳まで雇用継続へ=中国でも関心「高齢化社会は恐ろしい」「中国もすぐそうなる」「生きて行く限り働き続けるのも悪くない」

23日、安倍首相がこのほど、議長を務める未来投資会議で、高齢者が希望すればこれまでより長く働けるよう、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明したとする報道が、中国でも関心を集めている。写真は東京。

Record China
2018年10月24日 7時40分
続きを読む

80代でアプリを開発した日本人女性が国連で演説!そのメッセージに韓国ネット感嘆=「涙が出るほど感銘受けた」「韓国もお手本に」

5日、韓国・国民日報は、80歳を過ぎてからスマートフォン用アプリを開発した日本人女性・若宮正子さんが、米ニューヨークの国連本部で開かれた高齢者とデジタル技術をテーマにした会議で行った演説の様子を紹介した。写真は米ニューヨークにある国連本部ビル。

Record China
2018年2月6日 7時20分
続きを読む

ランキング