2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

ゲノム編集の中国人研究者が姿現す、「健康な子生まれた」「結果の公表は不注意」―中国紙

配信日時:2018年11月28日(水) 18時10分
ゲノム編集の中国人研究者が姿現す「結果の公表は不注意」
画像ID  1046719
28日、中国紙・新京報は、遺伝子を効率良く改変できる「ゲノム編集」技術を受精卵に使って双子の女児を誕生させたと主張している中国・南方科技大の賀建奎副教授が同日、香港の国際会議に姿を現したと伝えた。
2018年11月28日、中国紙・新京報は、遺伝子を効率良く改変できる「ゲノム編集」技術を受精卵に使って双子の女児を誕生させたと主張している中国・南方科技大の賀建奎(ハー・ジエンクイ)副教授が同日、香港の国際会議に姿を現したと伝えた。

それによると、賀副教授は講演の冒頭で「謝罪しなければならない」とし、実験結果について「機密性が高くなく、データが漏れた。そのためこの場で共有したい」「結果の公表は不注意」などとした。

誕生したとされる「露露(ルール―)」と「娜娜(ナーナー)」の双子の女児については、「健康に生まれた」と語った。

中国のネットユーザーからは「まるで何かの賞の受賞者のようだ」「やはり狂人としか思えない」「不注意で公表?実験をもっと続けるつもりだったのか?」などの声が上がっている。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/28 19:15)

    こんな科学者が『偉大な発明のために、マウスを一万匹犠牲にしなくてはいけない』などと与太話をする。偉大な発明の陰にマウスの犠牲があったにしても、マウスを犠牲にすれば〈偉大な発明〉が生まれるわけではない。倫理観の欠如以前に、この科学者は論理的思考力を失っているようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事