2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

世界に影響力ある科学研究者、中国は482人で世界第3位、日本は90人―米情報会社調べ

配信日時:2018年11月29日(木) 20時10分
世界に影響ある科学研究者、中国482人で日本は90人―米情報会社
画像ID  1046570
科学分野の研究動向の調査で権威ある米クラリベイト・アナリティクスによると、発表論文が世界に影響を与えた研究者の国別ランクで、中国人は482人で世界第3位、日本人は90人だった。写真は所属組織ランキングでアジアでは唯一の上位10位に入った中国科学院。
自然・社会科学分野の研究動向の調査を続けている米国企業のクラリベイト・アナリティクスは27日、高被引用論文著者(Highly Cited Researchers)2018年版を発表した。4000人以上が選出され、中国人は米国人、英国人に次ぐ482人で国別では世界第3位で、日本人は90人だった。

学術界において、研究者の実績を示す目安になるとされるのが、発表論文が他の研究者にどれだけ引用されるかの回数とされる。単に論文を発表するだけでなく、質の高い研究が多くの研究者に役立っていることを示すからだ。

クラリベイト・アナリティクスは「高被引用論文著者」として4000人以上を選出したが、国別では米国人の2639人、英国人の546人、中国人の482人、ドイツ人の356人、オーストラリア人の245人だった。

日本人は90人で上位10位に入らなかった。上位10位に入った欧米以外の国は中国とオーストラリアだけだった。

研究者が所属する組織のランキングでは、米ハーバード大学が186人でトップだった。米国立衛生研究所の148人、第3位のスタンフォード大学の100人と米国の組織が続き、第4位は中国科学院の91人だった。

上位10組織のうち、米国は6組織、英国は2組織、ドイツが1組織、中国が1組織だった。日本の上位2組織は理化学研究所の12人、東京大学の10人で、中国科学院を含む世界の上位組織とは極めて大きな差があることが分かった。

高被引用論文著者は60カ国以上から選出されているが、国別では80%以上が上位10位の国に、70%が上位5位の国から選出されるなど、トップレベルの研究者の特定の国への偏りが著しいという。

中国では論文の偽造やねつ造、盗作の問題が後を絶たない。一方で、高く評価される論文の発表数も急増している。中国の学術界は「良貨」と「悪貨」の極端な同居状態が続いていると言えそうだ。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事