2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本のF35戦闘機追加導入をうらやむ韓国ネット「着実に国防力を強化」「韓国は北朝鮮ばかり」

配信日時:2018年11月28日(水) 17時40分
日本のF35戦闘機追加導入をうらやむ韓国ネット「それに比べて韓国は…」
画像ID  1046513
27日、韓国・ニュース1は、日本が米国のF35ステルス戦闘機の追加導入を検討していると報じた。資料写真。
2018年11月27日、韓国・ニュース1は、日本が米国のF35ステルス戦闘機の追加導入を検討していると報じた。

記事は日本経済新聞の報道を基に、日本政府が来月中旬に改正する「防衛計画の大綱」にF35の追加導入計画が反映される見通しだと伝えている。自衛隊が米国製F35ステルス戦闘機「ライトニングII」(1機当たり100億円超)を最大100機導入する案が検討されているという。

防衛省は2011年に航空自衛隊の次世代戦闘機としてF35Aを選定し、製作会社の米ロッキード・マーティン社から24年までに計42機を導入する契約を結んでいた。つまり、来月の改正により導入量を拡大した場合、今後日本のF35運用規模は米国に次ぐ最大140機程度に増えることになる。

これについて記事は「米政府がこれまで日本との貿易赤字を理由に、日本に通商圧力を加えてきた状況と無関係ではない」と指摘している。トランプ大統領が9月にニューヨークで開かれた日米首脳会談後の記者会見で「あなた(安倍首相)は私に好意を見せるべき。われわれはこのような大きな(貿易)赤字を望まない。君たちが(米国から)もっと多くのものを買うべき」と述べていること、さらに来年初めに日米間の商品貿易協定(TAG)締結交渉が開始される予定であることを考えると、「日本政府は交渉を有利に運ぶ目的で、年内に『米国製軍事用装備購買拡大』を決定しようとしている」と推測できるという。

これを受け、韓国のネット上では男性ユーザーを中心にコメントが寄せられている。「日本がうらやましい」「韓国はF35が手に入ったら北朝鮮に売るだろう」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は経済はともかく、北朝鮮を助けなきゃいけないから」「日本はF35を100機で1兆円。韓国は54兆ウォン(約5兆4000億円)で雇用を5000人増やした」「日本は金持ちだね。韓国はなんで北朝鮮ばかりに大金を使うの?韓国もF35をたくさん買って中国をけん制すべき」「日中は着実に国防力を強化してるのに、文在寅大統領は武装解除中。こんな政権ほかにある?」など、韓国の状況と比較して嘆く声が目立つ。一部からは「韓国は戦闘機を100機追加購入するより、現政権を終わらせた方が国防のためになる」との声まで上がっていた。(翻訳・編集/松村)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 9

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事