2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<コラム>これでよいのか? 日本の地理教育―何を意図して教えているのか分からない

配信日時:2018年12月1日(土) 21時10分
日本人が覚えた中国の地名、中国人に通じるか試してみた
画像ID  1046414
日本の学校では、中国の地名をカタカナで覚えさせるのですね。日本人生徒が、中国の地名をカナ書きで覚えて、中国人に通じるのか。前に1回、試したことがあります。写真は成都双流国際空港。
皆さんは「試験を受けるのに何の準備もできていない。どうしよう」というタイプの夢を見ることがあるでしょうか。私はあります。それも結構、頻度が高い。嫌なものですねえ。

でも私は、人とは学ぶことが大好きな存在と信じています。新たな知識や方法を知ること、身に着けることが大好きな存在と思っています。でなければ、テレビの情報番組、はたまた探偵小説なんかの人気が続いていることが説明できない。嫌なのは、学びの結果を試されること、それが自分の運命を大きく左右しかねないことなのですね。といっても、社会人になれば学生時代の試験どころじゃない試練が待ち構えているわけですが。

国にとって、教育はとても大切な事業です。なにしろ、国民を「作る」仕事ですから。日本の場合、だいたい小学校から高校までは、政府文部省が教育の指針をしっかり作っている。政府が教育に干渉しすぎるとの批判が出ることがありますが、関与すること自体は当然のことと言えるでしょう。

ただ、その方針について「なんじゃ、こりゃあ!?」と言いたいことも出てくる。私がこのところずっと気にしているのは世界地理の教育、さらに具体的に言えば「中国地理」です。

中国の地名をカタカナで覚えさせるのですね。日本人生徒が、中国の地名をカナ書きで覚えて、中国人に通じるのか。前に1回、試したことがあります。中国語を知らない日本人に、中学や高校の地理に出てくる中国の地名を読んでもらった。それを中国人に聞いて、どの地名か分かるかどうかを調べた。

実験を行ったのは、当時働いていた編集室でです。本名はあえて伏せますが、日本人の同僚のO越さんに、カナ書きの中国地名を読んでいただいた。地名当てに参加していただいたのは、中国人のお嬢さん3人ほど。日本語も達者なので、日本人の発音の癖もよくご存じで、日本語を知らない中国人よりも正答率は高くなると考えました。

それでも、正答率は低かった。たしか、3割ぐらい。日本ではどうして、中国人に通じない中国語地名を教えているのか。お嬢さんがたは、O越さんの発音を聞いて思案顔。ひとりが思いついた地名を挙げると、残りのふたりも「そうよね、そうよね」と相づち。

当たれば、全員がけらけらと大笑い。はずれてもキャーキャーと大はしゃぎ。ということで十二分に楽しめたわけではありますが、考えてしまいましたね。日本人が学校で覚えさせられる中国語地名を判別することは、中国人にとって「正解のなかなか出せないクイズ」みたいなもの。これ、教育方針としておかしくないのか。

この稿を書くに当たり、高校生用の地図帳を確認したのですが、多少の改善はあるようです。例えば四川省の成都。O越さんに読み上げていただいた時代には「チョンツー」と書いていた。今は「チョントゥー」です。ちなみに中国語のローマ字表記では「Chengdu」です。

いろいろ工夫したとしても、カナ書きはしょせん、無理が大きすぎるのですよ。中国語の発音は日本語よりも圧倒的に多いのですから。中国人にほとんど通じない中国の地名を、日本の子どもは学ぶよう強要されているわけです。どう考えても変だなあ。私は、中国語地名は漢字表記の日本語読みで教えるのが妥当だと思っています。少なくとも、漢字で書けば通じるわけですからね。中国で使われている簡体字(略字体)は日本語の新字体より省略の度合いが大きい場合が多いのですが、それでも通じやすい。

もちろん、カナ書きも教えておけば「日本語とは違う発音」と生徒に実感させる効用はある。でも、あくまでも補助にすべきと考えています。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hal***** | (2018/12/10 18:01)

    漢字文化圏の人名や地名を、日本語読みするか、現地の発音に近い音で呼ぶかは、相手の習慣に合わせていると聞いた。 例えば、中国の「習近平」を「しゅうきんぺい」と読むのは、前者の日本語読み。 韓国の「文在寅」を「ムンジェイン」と読むのは、現地での発音に近い後者。 こうした呼称は、日本でどう呼ぶか統一することが目的で、現地人に通じることはあまり求められていない。 韓国語は知らないが、中国語の発音はこの記事にも書かれているように、日本語とかなり違う。習近平をシー・ジンピンとカタカナで呼んでも、現地人には通じないだろう。 英語だってそうだ。「ニューヨーク」はカタカナをそのまま読んでも通じると思うが、母音の無いR(ドア、馬のホースなど)は通じにくい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 心配性***** | (2018/12/03 21:53)

    別に中国人に通じるだろうなんて発想で教えちゃいませんよ。日本語読みでこうだって言ってるだけで本当はどうかなんて大した問題じゃありませんね。本当に知りたきゃ中国語を勉強すればいいだけでしょう。全世界の都市名なんて大体そんな名前の都市があるんですよぐらいでいいんですよ。精々学校教育なんてものは。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/12/03 18:43)

    ある時、アナウンサーが今日から日本語読みをやめてその国の発音で読みますと言った。その時から中国と韓国・北朝鮮の地名や人名の読みが変わった。でも北京はペキンだったし、毛沢東や周恩来の読みは変わらなかった。平壌がヘイジョウからピョンヤンに変わったのも繰り返し聞かされる慣れた。 丁寧はニュースではテイネイと言っているような。ITTFホームページでDing Ningとあるからディング・ニングってだれ?と分からない。だけど丁寧って日本語のていねいだよね。日本に住んでたら、子供時代にさんざんイジられただろうね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事