2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国本土から日本への留学生数が10万人突破―華字紙

配信日時:2018年11月28日(水) 9時50分
中国本土から日本への留学生数が10万人突破―華字紙
画像ID  1046398
27日、華字紙・日本新華僑報(電子版)は、中国本土から日本への留学生数が10万人を突破したことについて伝える記事を掲載した。写真は早稲田大学の大隈講堂。
2018年11月27日、華字紙・日本新華僑報(電子版)は、中国本土から日本への留学生数が10万人を突破したことについて伝える記事を掲載した。

記事は「中国の経済と社会が安定的に発展するにつれて、中国はアジア最大の留学目的国になっている。同時にますます多くの中国人学生が海外で勉強することを選ぶようになってきている」とした上で、日本学生支援機構(JASSO)が公表した外国人留学生在籍状況の調査結果によると、2017年5月1日現在の外国人留学生数は26万7042人で、出身国・地域別では「中国」が10万7260人と全体の40.2%を占めたことを紹介した。

その上で記事は、16年5月1日現在9万8483人だった中国本土から日本への留学生数が10万人を突破した理由として、「中国の大学の卒業シーズンは6月であり、日本の大学は『9月入学』を採用しているところもあるため、留学を準備する時間が十分に取れる」「中国の大学には計700を超える日本語学科があり、日本語の中国での人気ぶりがうかがえる」「(中国の大学の)日本語学科卒業生の大多数が、就職競争力を高めるため、日本へ行きさらなる研鑽を積むことを選択する」という三つの分析があること紹介した。

記事はまた、JASSOの調査結果によると、外国人留学生受け入れ数の多い大学は、1位が早稲田大学(5042人)、2位が東京福祉大学(3733人)、3位が東京大学(3618人)だったと紹介した。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事