【募集中】韓国語社内スタッフ

ジャッキー・チェン、変わる香港映画に嘆き…!最新作も命がけアクション―香港

配信日時:2012年11月20日(火) 1時45分
ジャッキー・チェン、変わる香港映画に嘆き…!最新作も命がけアクション―香港
画像ID  357253
18日、最新作「チャイニーズ・ゾディアック」(中国語題:十二生肖)の来月公開を控え、ジャッキー・チェンが作品について語った。
2012年11月18日、最新作「チャイニーズ・ゾディアック」(中国語題:十二生肖)の来月公開を控え、ジャッキー・チェンが作品について語った。東方日報が伝えた。

その他の写真

19世紀に海外流出した中国のお宝“十二支のブロンズ頭像”をめぐり、国際地下組織が争奪バトルを繰り広げるという「チャイニーズ・ゾディアック」。中国では来月12日から公開予定だ。同作で監督・プロデュース&主演のジャッキーは、3億2000万香港ドル(約36億円)というばく大な製作費を注入。時速120キロでS字路を滑り落ちる絶体絶命のアクションシーンにも挑んでいる。

巨額を投入し、命がけのアクションに挑戦したジャッキーだが、すべてはハリウッドの3D作品に対抗するため。「費用を惜しまず、自分に恥じない良質な映画を作りたかった」と話している。ジャッキーとしては、海外の流れに迎合して、個性を失ってゆく香港映画の現状がとても残念で寂しいという。

ジャッキーは盟友の俳優サモ・ハン(洪金宝)と、「自分たちは、香港映画の最もいい時代に生きられてラッキーだった」と、よく話すという。過去の映画でジャッキー自身がとても満足しているのは1985年公開の「ポリスストーリー」。香港のアクション映画を変えた、画期的な作品になったという。ジャッキーの代名詞になっている「命がけ」アクションについては、「そうでないと、ハリウッドに対抗できないから」と、自分なりに固く守ってきたスタイルを語っている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事