【募集中】韓国語社内スタッフ

習近平、薄熙来…政府上層部の子供に米ハーバード大留学が多数、国民の反感買う―中国

配信日時:2012年11月19日(月) 17時43分
習近平、薄熙来…政府上層部の子供に米ハーバード大留学が多数、国民の反感買う―中国
画像ID  357231
18日、中国の新指導者・習近平氏など政府上層部の子供に米ハーバード大留学が多数おり、国民の反感を買っている。写真は習氏。
2012年11月18日、蘋果日報によると、中国の新指導者・習近平(シー・ジンピン)氏とその家族に海外メディアの注目が集まっている。英デイリー・メール紙は習氏の長女である習明澤(シー・ミンザー)さんの紹介記事を掲載し、「現在は偽名で米ハーバード大学に在学中」と伝えている。

その他の写真

習氏の妻である彭麗媛(ポン・リーユエン)さんは著名な歌手。中国では誰もが「習近平」を知っているとは限らないが、「彭麗媛の夫」と言ってそれが誰だか分からない人はいない。

娘の明澤さんに関する情報は制限されており、幼少期の家族写真が数枚出回っているのみ。米国では24時間態勢で守られており、中国国家安全局職員のほか、FBI職員が含まれているとの報道もある。なお、明澤さんは学内では勉学に励み、口数が少なく、「カッパ・アルファ・シータ」という古参の社交クラブに所属しているという。

またワシントン・ポスト紙は、中国の指導者は米国流の価値観を絶えず批判しているが、自身の子供を米国へ留学させてもいると伝えている。習氏だけでなく、江沢民(ジアン・ザーミン)前国家主席や趙紫陽(ジャオ・ズーヤン)元総書記も子供を米国へ留学させていたという。

指導者の多くが子供を海外へ留学させているという事実は、国民から反感を買っている。習近平氏が今年2月に訪米した際、「留学生は国家のために尽力することを忘れないでほしい」と語ったが、ネット上では「中国政府高官の子供はみな競って米国のために尽力しているというのに、国民には帰国して国家のために尽力せよと言うのか」などと批判も起きた。なお、党籍を剥奪された元重慶市トップの薄熙来(ボー・シーライ)氏の息子もハーバード大学へ留学していた。(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事