中国でゲノム編集による双子誕生か、研究者主張に科学者122人が反対声明、ネットでも非難噴出「反人類的な実験」「超えてはいけない一線への挑戦」

配信日時:2018年11月27日(火) 9時40分
中国でゲノム編集による双子誕生か、研究者の主張に非難噴出
画像ID  1046253
26日、中国南方科技大学の研究者が、遺伝子を効率良く改変できる「ゲノム編集」技術を受精卵に使い、双子の女児を誕生させたと主張する動画を公開し、物議を醸している。
2018年11月26日、中国広東省深センにある南方科技大学は、同大の賀建奎(ハー・ジエンクイ)副教授が、遺伝子を効率良く改変できる「ゲノム編集」技術を受精卵に使い、双子の女児を誕生させたなどと報じられたことについてホームページや中国版ツイッターの微博(ウェイボー)を通じて声明を発表した。賀副教授が2月から休職中であることを明らかにした上で、今回の実験について「大学への報告がなかった」「学術上の倫理と規範に著しく反する」との見解を示し、調査委員会を設置して事実関係を調査するとした。

報道によると、賀副教授らは26日、ゲノム編集技術を使い、エイズウイルスに感染しないようヒトの受精卵を操作し、実際に双子の赤ちゃんが誕生したと主張する動画を公開した。これに対し、中国の科学者122人は同日、ウェイボーで、厳格な倫理や安全性の審査を経ていない人体のゲノム編集の試みに断固反対するとの共同声明を出した。

この話題について、ウェイボーでは中国のネットユーザーから「人類社会の超えてはいけないモラルの一線に挑戦する行為だ」「悲惨な結果を招きかねない反人類的な実験」「狂っているとしか思えない」などと非難する声が多く寄せられている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事