Record China

ヘッドライン:

D&Gが謝罪撤回? 創始者が中国製品ボイコット呼びかけ?=中国ネットで不確かな情報飛び交う

配信日時:2018年12月2日(日) 18時30分
拡大
1日、イタリアのブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)の販促動画などが中国で「差別的だ」と批判を浴びた問題で、中国のネット上で最近、「D&Gが謝罪を撤回」「創始者が中国製品ボイコットを呼びかけた」などとする情報が伝えられ、再び物議を醸しているという。

2018年12月1日、杭州日報によると、イタリアの高級ブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)の販促動画などが中国で「差別的だ」と批判を浴びた問題で、騒動は創始者のデザイナーが謝罪したことで一旦は収束しかけたが、中国のネット上で最近、「D&Gが謝罪を撤回した」「創始者が中国製品ボイコットを呼びかけた」などとする情報が伝えられ、再び物議を醸しているという。

それによると、中国のネット上で最近、D&Gの創始者が「中国人がD&Gの商品を買わなければ、すべてのイタリア人も中国料理は食べない。中国の汚染された衣類や期限切れ食品など、中国のあらゆる商品を買わないようにしてほしい」と、中国との決別を呼びかけるメッセージをSNSに書き込んだなどとする情報が出回った。またD&Gがインスタグラムの公式アカウントに掲載していた謝罪動画も削除されたなどと伝えられた。

だがこの情報に中国のネットユーザーの多くは「謝罪動画のリンクは今もメインページにある」「フェイクニュースに他ならない」「だまされるな!」などと懐疑的な見方を示しているという。

一方で、「うそじゃない。間違いなく削除されていた。その後リンクが復活した」「わざわざ見に行ってみたが、削除なんてされてない」「動画のタイムスタンプも元のままで変わっていない」「11月30日にリンクが消されたが、動画そのものは削除されていなかった。その後リンクが復活した、というのが真相」という声もあるという。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

D&G騒動、中国の不買運動はすぐ終わるとの指摘も―イタリアメディア

23日、イタリアメディアは、高級ブランド「ドルチェ&ガッバーナ」の広告動画が「中国を侮辱している」と物議をかもし、上海のショーを中国人モデルがボイコットするなど反発が広がっている問題で「商品不買の動きは短期間で収束するだろう」と楽観的な見方を伝えた。

Record China
2018年11月27日 8時10分
続きを読む

ランキング