2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

D&Gが謝罪撤回? 創始者が中国製品ボイコット呼びかけ?=中国ネットで不確かな情報飛び交う

配信日時:2018年12月2日(日) 18時30分
D&Gが謝罪撤回? 中国ネットで不確かな情報飛び交う
画像ID  1046227
1日、イタリアのブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)の販促動画などが中国で「差別的だ」と批判を浴びた問題で、中国のネット上で最近、「D&Gが謝罪を撤回」「創始者が中国製品ボイコットを呼びかけた」などとする情報が伝えられ、再び物議を醸しているという。
2018年12月1日、杭州日報によると、イタリアの高級ブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)の販促動画などが中国で「差別的だ」と批判を浴びた問題で、騒動は創始者のデザイナーが謝罪したことで一旦は収束しかけたが、中国のネット上で最近、「D&Gが謝罪を撤回した」「創始者が中国製品ボイコットを呼びかけた」などとする情報が伝えられ、再び物議を醸しているという。

それによると、中国のネット上で最近、D&Gの創始者が「中国人がD&Gの商品を買わなければ、すべてのイタリア人も中国料理は食べない。中国の汚染された衣類や期限切れ食品など、中国のあらゆる商品を買わないようにしてほしい」と、中国との決別を呼びかけるメッセージをSNSに書き込んだなどとする情報が出回った。またD&Gがインスタグラムの公式アカウントに掲載していた謝罪動画も削除されたなどと伝えられた。

だがこの情報に中国のネットユーザーの多くは「謝罪動画のリンクは今もメインページにある」「フェイクニュースに他ならない」「だまされるな!」などと懐疑的な見方を示しているという。

一方で、「うそじゃない。間違いなく削除されていた。その後リンクが復活した」「わざわざ見に行ってみたが、削除なんてされてない」「動画のタイムスタンプも元のままで変わっていない」「11月30日にリンクが消されたが、動画そのものは削除されていなかった。その後リンクが復活した、というのが真相」という声もあるという。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本人***** | (2018/12/02 19:37)

     仮に件の創始者が背別主義者であったとしても「中国人がD&Gの商品を買わなければ、すべてのイタリア人も中国料理は食べない」…自由主義諸国の常識から考えて、こんな台詞は書かない。西洋を知らない(良し悪しは別にして、欧州の差別の陰湿さ・根深さも知らない)、頭の悪い中国ネット民の仕業だろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/02 18:40)

    >中国の汚染された衣類や期限切れ食品など、中国のあらゆる商品を買わない イタリア人にしては中国について詳し過ぎる。きっと中国に不満を持つ中国人の書き込みであろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事