2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国人の高級品購入は年間8兆円、日本に代わって世界最大市場に―米メディア

配信日時:2018年12月1日(土) 9時10分
中国人の高級品購入は年間8兆円、日本に代わって世界最大市場に
画像ID  1046223
中国人による高級品の年間消費額は5000億元(約8兆円)に上るという。写真はドルチェ&ガッバーナ。
2018年11月28日、参考消息(電子版)によると、中国人による高級品の年間消費額は5000億元(約8兆円)に上るという。

フォーブス誌によると、中国は世界の高級ブランドにとって世界最大の市場となっている。12年、日本に代わって世界最大市場となった中国は、膨大な人口や富裕層の増加を背景に高価なブランド品の消費を年々増加させていった。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの17年報告書によると、中国人による5000億元の消費は世界市場の3分の1を占めているが、24年にはその割合は40%にまで増加する見込みだという。

そうした中、注目されるのは中国ブランドの台頭だという。中国の富裕層はプラダやグッチも好むが、自身の民族感情やプライドを満たしてくれるような中国にルーツを持つ国内のデザイナーや海外の中国系デザイナーにも目を向け始めている。

中国メーカーは以前のような「安いだけ」という状況から脱却し、さまざまな分野で独自の価値観を持つ製品を生み出しており、「メード・イン・チャイナ」に対する人々の目も国内外で変わりつつある。

市場ではすでに中国の国産ブランドが受け入れられ始めており、欧米をはじめとする海外ブランドは数年後には現在ほどの影響力は維持できなくなるとの見方もあると記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/12/01 09:43)

    >市場ではすでに中国の国産ブランドが受け入れられ始めており、欧米をはじめとする海外ブランドは数年後には現在ほどの影響力は維持できなくなる 中国市場で国産品が売られるだけのことだ。つまり中国人に〈輸入品〉を購入する豊かさが失われることを意味している。トランプ大統領は米国の〈貿易赤字〉を減らそうと必死になっているが、中国も考えることは同じである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事