Record China

ヘッドライン:

日本はF35と準空母で遠隔地を奇襲攻撃の夢?中国メディア「噴飯もの」「痴心妄想」と酷評

配信日時:2018年11月28日(水) 1時10分
拡大
中国メディアの新浪網は26日、海上自衛隊の「いずも」と「かが」が就役したことで、日本では空母機動部隊に対する思い入れと、奇襲攻撃をしたいという思いが掻き立てられていると主張する論説を掲載。「噴飯もの」「痴心妄想」などと酷評した。

記事は、「日本人の考え方」の具体例として、日本のウェブサイト「Japan in―Depth」に掲載された文谷数重(もんたに すうちょう)氏の文章を使った。文谷氏については「海自の退役軍官」と紹介した。

Japan in―Depthに掲載されている文谷氏の経歴によると、同氏は1997年3月に早稲田大学を卒業し海自幹部候補生として入隊。施設幹部を経て、2012年3月に早大大学院を修了(修士)し、同年4月に退職した。その後は軍事専門誌でライターとして活躍している。

なお、文谷氏の文章はJapan in―Depthでしばしば紹介されてきたが、新浪網記事が同氏のどの文章について論じたかは不明。

記事は、文谷氏は文章で、改装した「いずも」と「かが」にF―35Bを搭載しイージス艦の護衛を着ければ、近海に置ける防衛任務だけでなく、遠隔地に対して不意を突く破滅的空襲を行えるので、相手の艦隊基地や核施設を攻撃して、日本本土に対する潜在的脅威を取り除くことができると主張したと紹介。

記事はその上で「こんな話を聞けば、人は噴飯ものと思うのではないか」「70年以上前の太平洋戦争で、日本海軍の空母機動隊が真珠湾を奇襲したのと同じ思考方式ではないのか?」と主張。

真珠湾攻撃は十分に成功した作戦だったと論じた上で、当時は軍事衛星もなく、レーダー技術も現在とは天地の違いと指摘し、「現在では奇襲攻撃を再現するのはとても難しい」と主張した。

記事はさらに、F―35Bが発着できるように「いずも」と「かが」を改装するには長時間かかり、空母搭載タイプのF―35Bを購入するためにも莫大な予算が必要と指摘。「ましてや、日本が短期間に有効射程が500キロメートルの巡行ミサイルを持つことは、根本的にありえない」と論じた。

記事はまた、現在の軍事大国の作戦体系は海岸などに張り巡らされたレーダー網、遠距離弾道ミサイル、航空兵力や衛星など多岐に渡っており、「エースのカード」となる兵器や精鋭部隊だけで戦争の勝負を決定すると夢想することは『典型的な生きた化石』」の考え方と論じた。

記事は、「いずも」「かが」とF―35Bを組み合わせることで遠隔地を奇襲攻撃できるとの考えを「噴飯もの」「痴心妄想」と酷評した。しかし、日本との関係が悪化した際に中国で発表されることの多い「日本脅威論」とは一線を画していることには注目してよい。

全体としては、「現在の日本は、日本海軍が第二次世界大戦時に行った遠隔地への奇襲攻撃をする能力はない」あるいは「準備をするとは考えられない」の論調で、日中両国政府が進めている「接近」「協力強化」の方向性と矛盾のない内容に仕上がっている。(翻訳・編集/如月隼人)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国軍と自衛隊の衝突回避へ、海空連絡メカニズムの運用開始に中国「意義大きい」

8日、中国外交部の華春瑩報道官は定例記者会見で、日本と中国の偶発的な衝突を避けるため、「海空連絡メカニズム」の運用がスタートしたことについて「両国の目標は同じだ。域内の平和と安定を守るために重要な意義がある」と述べた。資料写真。

Record china
2018年6月9日 17時20分
続きを読む

日中関係には「欠落」あり=中国メディアが尖閣めぐる日本の動きを警戒

中国メディアの参考消息は、「日本が釣魚島(尖閣諸島の中国側通称)に対してまたも危険行為。中日関係(日中関係)のこの欠落を正視せねばならない」と題する記事を発表し、「両国関係の推移に疑問符を打たざるをえない」と紹介した。資料写真。

Record china
2018年11月6日 18時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング