2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本への留学ビザ審査、突然厳しく=東京の入管管理局「違法労働が深刻化し、やむを得ない措置」―華字紙

配信日時:2018年11月27日(火) 20時20分
日本への留学ビザ審査、突然厳しく―華字紙
画像ID  1046164
26日、華字紙・日本新華僑報は「日本への留学を希望する外国人学生に対する査証(ビザ)発行審査が、今年に入って急に厳しくなった」と伝えた。資料写真。
2018年11月26日、華字紙・日本新華僑報は「日本への留学を希望する外国人学生に対する査証(ビザ)発行審査が、今年に入って急に厳しくなった」と伝えた。

東京の入国管理局がこのほど発表した資料によると、今年4月に日本の語学学校に留学を申請した外国人学生は約2万9800人。ビザ審査の通過率は77.7%だった。しかし、10月に申請した約1万6500人のうち、通過したのは65.6%にとどまった。4月に比べて12ポイント以上下がった。

特にアジア諸国の学生に対する審査が厳しくなり、ネパール人の通過率は48%から8%前後に急落。スリランカ人も51%から3%、バングラデシュ人も58%から3%、ミャンマー人も74%から20%に下がった。中国やベトナム人に特に変動はなく、90%前後で推移している。

記事によると、これを受け、ミャンマーなどの留学ブローカーの間では不満が拡大。日本の語学学校による業界団体も「突然厳しくなり、なすすべがない」と困惑している。東京の入管管理局関係者は「違法労働が深刻化し、やむを得ない措置だ」としているという。(編集・翻訳/大宮)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事