2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

<コラム>反日暴動事件を経て、中国の“日本人街”は“日華街”となった

配信日時:2018年12月2日(日) 14時10分
反日暴動事件を経て、中国の“日本人街”は“日華街”となった
画像ID  1046103
1987年冬、上海虹橋空港に降り立ち、生まれて初めて中国の本土に足を踏み入れた。上海市南京路は異常なくらい自転車があふれていた。写真は筆者提供。
1987年冬、上海虹橋空港に降り立ち、生まれて初めて中国の本土に足を踏み入れた。上海市南京路は異常なくらい自転車があふれていた。上海から蘇州までまだ高速道路はなく自動車で5時間近くかかった。2500年前からある京杭大運河を越えて蘇州高新区へ渡る獅山橋はまだなく、寒山寺付近から渡し船で対岸に渡った記憶がある。

その他の写真

(写真1)は1990年代初期、まだなかったカルフール付近から見た高新区である(1989年に中央の獅山橋が完成)。SND(高新区管理委員会)や金獅大廈ビルが建築中である。濱河路との交差点にまだ赤い新区のモニュメントはできていない。(写真2)は最近の高層ビルが増えた高新区である。蘇州に工場進出のため、獅山大橋南近くにあった桜並木では蘇州一だった横河電機さんへ、事情収集のため何度と訪問した(現在は移転、桜木も伐採された)。1994年くらいから“ぼちぼち”日本料理屋らしきものができてきた(現在もある一番館が最初)。いつしかこの500メートルの商業街を“日本人街”と呼ぶようになった。

2003年春、SARS(重症急性呼吸器症候群)感染で多くの方が犠牲となった蘇州に、家族に「どうしても行くの?」と言われながらも出張した。昼は蘇州市政府との交渉や銀行回りなどで時間がつぶれたが、“駐在者外出禁止令”が出ているが、“出張者禁止令”はないのを口実に夜な夜な“日本人街”に繰り出した。当時の日本人街はまだ道幅が半分のドブ板を渡るような泥道であった。SARS騒ぎで人影も少なくどの店も客はほとんどない状況、いつも行くのは橋の横にある日本料理「伊藤園」2階にあった「蝶」と言うスナックであった。この厳萍(Yan Ping)ママとは銀座以来の知り合いでもあった。その後、2004年2月から正式に蘇州駐在となった。(写真3)は“日本人街”入口にあった懐かしいイルミネーションゲートである(2012年の反日暴動事件後に解体)。

高新区建設が始まったのは1986年6月13日である。1992年11月12日に「蘇州国家高新技術産業開発区」と命名された。面積は223.4平方キロメートルである。当然開発するにあたり多くの道路工事も着工し、今では当然のようにある道路名もそれぞれの歴史がある。開発を進める上で出したコンセプトは「真山真水園中城」である。このため南北の街道は「水」に関係し、東西の街道は「山」に関係する名称になっている(例えば獅山路)。

この“日本人街”最大の存亡の時が、6年前の2012年9月15日の反日暴動事件である。なじみの日本料理店・スナックに近隣の日系企業やイズミヤ百貨店が暴徒で破壊され、その後2週間は営業ができない状況となった。(写真4)は暴徒によってひっくり返されたレクサスである。(写真5)は頻繁に通ったスナック「Color」の玄関である。玄関ドアやガラス壁は破壊されたが、現在も王静ママは元気で営業されている。この事件当時、“日本人街”を中心に8000人ほどの邦人が高新区に住み、蘇州市内だけでも1万人以上が住む町であったが、その後はチャイナリスクという事で、進出日系各社が事業を縮小し、現在はピーク時の半数と激減している。そして現在、“日本人街“は日本人と中国人が共に平和に暮らす“日華街”となっている。

■筆者プロフィール:工藤 和直
1953年、宮崎市生まれ。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/12/03 22:55)

    >6年前の2012年9月15日の反日暴動事件 日本国内でもあの事件は大きく報じられた。 そしてあの時、数人の友人と中国人夫婦が営む行きつけの中華料理屋に仕事が終わってから僕達は掛け付けた。 日本人が考える事は皆同じだった。 幾人もの常連が集まり店が襲撃されない様に、駆けつけたのだ。 それからしばらくして、亭主が肺炎で入院したと聞いて常連客は、代わる代わる閉店中の店に顔を出してはお見舞いにと、日本酒を置いて立ち去った。 結局襲撃など誰もしないまま暴動の事なんて皆忘れていった。 そして中華料理屋に亭主が戻って来て、何時もの活気戻った亭主が謝罪したいと言って来た。 日本酒貰ったのに本当は入院していなかったと言われた。 日本人に襲撃されると思って店の奥で電気消して隠れ住んでいたのだとか、奥に奥さんとお子さんが住んでいたのは知っていたが亭主が居たとは思わなかった。 結局笑い話で終った。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/12/03 18:31)

    君がみ胸に抱かれて聞くは夢の舟歌、鳥の歌 水の蘇州の花散る春は、、、 1940年李香蘭と長谷川一夫主演の映画「しな(禁止ワード)の夜」の挿入歌、西条八十作詞、服部良一作曲の名曲は80年経っても日本人の心に残っている。2020年8月には没後50年で作詞の著作権は消滅する。 白黒映画フィルムでは煉瓦造りの水道橋らしきアーチの上で寄り添う二人を写真屋が三脚を立てて下から狙う。6重の塔のような細長いまあるい建物は今でも残っているのか。二人で歩く水辺は池なのかそれとも川か。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/12/02 22:48)

    こういう話を読むとつくづく中国人って原始人のままなんだなぁ~と改めて感じる。 経済の発展に取り残され、文明が開花されなかった人民多過ぎw
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事