2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

東野圭吾はなぜ中国でこんなにも人気なのか―中国メディア

配信日時:2018年12月1日(土) 10時10分
東野圭吾はなぜ中国でこんなにも人気なのか―中国メディア
画像ID  1046059
中国で東野圭吾ブームが起きているが、「容疑者Xの献身」が紹介されたのを機に、その人気はすでに10年も続いている。
2018年11月23日、北京商報によると、中国で東野圭吾ブームが起きているが、「容疑者Xの献身」が紹介されたのを機に、その人気はすでに10年も続いている。

10月の北京では、ネットでの書籍売れ行きランキングトップ30には東野作品が五つランクインしており、年齢層を問わない「ナミヤ雑貨店の奇蹟」はとりわけ人気が高いと、ある分析記事は指摘している。

どの書店にも東野作品がずらりと並び、目立つ平台にもコーナーが設けられている。こうした書店の様子は氷山の一角にすぎない。これほど長期間にわたって東野圭吾ブームが続いているのは、東野作品がブランド化したことがあるという。

東野圭吾はこれまで90冊余りを出版しているが、そのうち82冊が中国語に翻訳されており、契約を結んでいる中国の出版社は約20社に上る。2010年前後には出版社の間で契約争奪戦が繰り広げられたほどの人気ぶりとなっている。

記事によると、注目されるようになった背景には、サスペンス物やタイムスリップ物、ファンタジー物など他の分野と比べて推理小説は出版しやすいことがあるという。1990年代から2000年代初頭までは、中国では推理小説は地味な存在だったが、爆発的に人気に火がついた。

また、中国では海外の有名な小説が次々と翻訳出版されるようになった。東野圭吾は「白夜行」や「秘密」など多くの作品がヒットし、映像化されたことで中国でも注目が高まっていた。「東野圭吾ブームが生み出される環境が整っていた」と記事は指摘する。

そして、「もちろん作品そのものの魅力も欠かせない」とし、中国の出版関係者の話として「起伏に富みテンポよく進む構成や予想外の展開、そして感情移入しやすいキャラクター設定が特徴的で、中国でも映像化された作品があることが人気をいっそう助長させた」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/12/01 19:20)

    『容疑者Xの献身』は先に原作を読んでから映画を観た。すると映画が初見の観客はトリックが理解できず『どうして被害者の指紋を消したのか?』と言っていた。東野圭吾の作品は内容が複雑すぎて、映像より活字で読むくらいがちょうど良いだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事