2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

一帯一路が他国を債務危機に、中国の学者が猛批判―米華字メディア

配信日時:2018年11月26日(月) 11時40分
一帯一路が他国を債務危機に、中国の学者が猛批判―米華字メディア
画像ID  1046004
25日、米華字メディア・多維新聞は「一帯一路が他国を債務危機に、中国の学者が『中国・パキスタン経済回廊』を猛批判」と題する記事を掲載した。資料写真。
2018年11月25日、米華字メディア・多維新聞は「一帯一路が他国を債務危機に、中国の学者が『中国・パキスタン経済回廊(CPEC)』を猛批判」と題する記事を掲載した。

記事は、香港紙サウスチャイナ・モーニングポストの報道を引用。中国が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」の核心的事業と捉えられているCPECを批判したのは国際政治学が専門の蘭州大学教授で、同教授は「中国とパキスタンの『一帯一路』プロジェクトは宣伝が大げさ。副作用が隠されている」と指摘した。

両国が15年4月に建設合意したCPECは中国新疆ウイグル自治区カシュガルからパキスタンのグワダル港まで道路、鉄道、パイプラインを敷設するプロジェクトだ。「米国がマラッカ海峡を封鎖しても、中国は原油輸送ルートが断たれる心配をせずにすむ」とされているが、教授はパイプライン建設に膨大な費用がかかることや、パイプラインの長さが4キロを超えた場合、原油輸送コストが海上輸送を上回る点を指摘し、「経済的レベルから見ればCPECは存在すべきではない」との認識を示した。

教授はまた、中国のエネルギーの安全保障に対する影響についても疑問を呈したという。

記事は、「中国はアジア、欧州、アフリカなどの国々に『一帯一路』参加を呼び掛け、対象国に大規模投資、経済協力などを約束しているが、大規模投資は関連国に『負債の山』をもたらした。パキスタンの負債は同国の国内総生産(GDP)の70%。その半分が中国からの借金だ」としている。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/11/27 10:25)

    分かってた事だと思うんだけどね。 ところが近年安倍政権は掌返しして一帯一路に食い込もうとしてるし。 まあ、裏にいるのは経団連だってのは火を見るより明らかだが。 ここで問題なのは、日本が食い込んだら中国と同じ「金を貸し付ける側」になるだろうという事だ。 一帯一路で中国が恨まれるのは好きにすればいいが、日本が恨まれるのは得策ではない。その上、安倍自民は現在「奴隷移民法」を強行採決する気丸出しだし。 諸外国(主に発展途上国)の恨みを買い、その上でそれら発展途上国からの奴隷移民を大量に受け入れるとか、正気の沙汰とは思えない。 自民支持者や普段投票を放棄してる無党派層なんかは、もっとよく日本の現状を考えた方がいいよ。 まあ、日本国内で内戦起こしたいなら自民を盲信しようが政治に無関心だろうが構わんけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • com***** | (2018/11/26 17:39)

    >大規模投資は関連国に『負債の山』をもたらした それが中国の目的なんじゃないの? 関連国に返済出来ない程の負債の山をもたらしそれと引き換えに負債国の一部を 割譲させて経済圏とするのが一帯一路の目的なんでしょ?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 秀野荘***** | (2018/11/26 16:25)

    IMFだってやってんだろーが!って言ってしまえばいいじゃないですか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事