2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

マラソン大会、1位でゴールした中国選手の記録が取り消される!その理由は…―中国

配信日時:2018年11月26日(月) 14時50分
マラソン大会、1位でゴールした中国選手の記録が取り消される!
画像ID  1046000
蘇州で行われたマラソン大会の国旗投げ捨て騒動が物議を醸す中、今度は浙江省で行われたマラソン大会で、トップでゴールした中国選手の成績が取り消される騒動が起きた。
蘇州で行われたマラソン大会の国旗投げ捨て騒動が物議を醸す中、今度は浙江省で行われたマラソン大会で、トップでゴールした中国選手の成績が取り消される騒動が起きた。

その他の写真

25日に浙江省紹興市で開かれたマラソン大会で、ハーフマラソンの部に出場した中国の李子成(リー・ズーチョン)は1時間7分58秒のタイムでトップでゴールした。ところが、李が誤ってハーフマラソンではなくフルマラソンのゲートからスタートしていたとして、ルール違反により成績が無効になったという。

李はアマチュアランナーながら先日の北京マラソンで2時間15分53秒の中国人選手トップのタイムでゴールするなど実力者として知られ、今大会には招待選手として出場していた。今回の騒動を、一部メディアは「低レベルなミス、本当に信じられない」などと伝えている。なお、1位は1時間9分33秒でゴールしたケニア選手。2、3位は中国選手だった。

中国でのマラソン大会をめぐっては、先日蘇州で行われた女子マラソン大会でゴール間際に選手に国旗を渡そうとコースに進入したボランティアの行動が物議を醸した。同大会では選手が国旗をまとってゴールすることが大会規定で定められていたことが発覚し、批判の的となった。今回の騒動については、選手側の単純なミスだとする声がある一方、大会の運営に問題がなかったかをただす声も上がっている。(北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2018/11/26 19:36)

    >同大会では選手が国旗をまとってゴールすることが大会規定で定められていたことが発覚し、批判の的となった。 最低最悪の規定だな。 縋るものが国旗しかない哀れな国らしいけどな >選手側の単純なミスだとする声がある一方、大会の運営に問題がなかったかをただす声も上がっている 招待選手として出場してんだから、スタート地点への誘導をミスった大会運営側のミス以外ないんじゃないの?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事