Record China

ヘッドライン:

日本の睡眠導入剤がよく効くと輸入代行で購入した女性、なんと中国では「新型麻薬」に指定されていた!―中国メディア

配信日時:2018年11月26日(月) 17時20分
拡大
25日、中国中央テレビ(CCTV)の微博アカウント央視新聞によると、日本からの輸入代行を通じて購入した日本の睡眠導入剤が、中国では「新型麻薬」に指定されており、中国で購入者と販売者が摘発された。

2018年11月25日、中国中央テレビ(CCTV)の微博アカウント央視新聞によると、日本からの輸入代行を通じて購入した日本の睡眠導入剤が、中国では「新型麻薬」に指定されており、中国で購入者と販売者が摘発された。

記事によると、長期的な不眠に悩まされていた王(ワン)容疑者は、知人の紹介で日本の睡眠導入剤を服用。良い効果が得られたと感じ、SNS上で輸入代行を利用して購入した。ところが、通称「藍精霊」と呼ばれているこの睡眠導入剤は、中国では新型麻薬に指定されていたことが発覚。「酒と一緒に服用すると軽い幻覚症状が出る」とも伝えられている。現在、この人物と、ネット上で商品を提供した業者が、すでに刑事拘留を受けているという。

情報によると、購入、使用されたのは日本で処方薬の睡眠導入剤として用いられているフルニトラゼパム。中国では新型の合成麻薬にあたる「第三代毒品」に指定されており、取り締まりの対象となる。

この事件に対して、中国のネットユーザーからは「実際、一般の人はこういった薬理関係の話に精通しているわけじゃないから、致し方ない部分はあると思う」「これは判断するのが難しいよなあ」「薬品を正規のルートで買わない時点で、自分に対する無責任」「薬はちゃんとした場所で買いなさいってことまで教えないとだめなのだろうか」といったコメントが寄せられた。

また、「そもそも睡眠導入剤って簡単に売れるのか?病院だってみだりに処方しないだろうに」など、海外の処方薬が簡単に手に入ってしまう状況に大きな問題があると指摘する声も出ている。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング