Record China

ヘッドライン:

英国人の夢の休暇旅行先、4人に1人が「中国」―英紙

配信日時:2018年11月26日(月) 5時40分
拡大
24日、英国人の4人に1人が中国を「夢の休暇旅行先」と考えていることが、調査結果から明らかになったという。写真は万里の長城。

2018年11月24日、中国紙・環球時報(電子版)は、英紙ミラーがこのほど、「英国人の4人に1人が中国を『夢の休暇旅行先』と考えている」とする記事を掲載したことを紹介した。

それによると、記事は「英国の成人2000人を対象にした調査で、中国はシンガポールや韓国、バリを抜いて英国人が最も訪れたい国であることが分かった」とし、「回答者の4人に1人が中国をバケットリスト(死ぬまでにしたいことをリスト化したもの)に入れている。最も訪れたい観光スポットは万里の長城で、兵馬俑や故宮の人気も高い」とした。

記事はまた、「調査によると、回答者の10人に6人が宇宙から万里の長城が見えると誤って信じている。また6人に1人はヘビや昆虫を含む中国の食べ物に喜んで挑戦したいとし、回答者の35%はピータンを食べることを排除せず、41%は鶏の足を食べることにノーと言わなかった」とした。

記事によると、回答者の多くが中国から持ち帰りたいお土産は「控えめな冷蔵庫マグネット」で、「中国のスナック菓子」がそれに続いたという。

調査を行ったエアチャイナヨーロッパのチェン・ホンビン氏は「かつて旅行で中国を訪れる英国人は驚くほど少数だったが、このような強い意欲があることは素晴らしいことだ」と述べているという。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング