【募集中】韓国語社内スタッフ

韓国最大の新聞社社長の10歳の孫娘、57歳の運転手に「死んで」など暴言―中国メディア

配信日時:2018年11月25日(日) 13時50分
韓国最大の新聞社社長の10歳の孫娘、57歳の運転手に暴言―中国メディア
画像ID  1045766
24日、中国経済網は、韓国最大の新聞社の社長の10歳になる孫娘が57歳の運転手に「死んで」などと暴言を吐いていたことが分かったと報じた。資料写真。
2018年11月24日、中国経済網は、韓国最大の新聞社の社長の10歳になる孫娘が57歳の運転手に「死んで」などと暴言を吐いていたことが分かったと報じた。

記事によると、朝鮮日報のパン・サンフン社長の孫娘が運転手に暴言を吐いた録音記録が公開された。

録音記録によると、孫娘は運転手に対し「馬鹿」などと罵ったほか、「本当に死んでほしい」などと叫ぶなどしたという。

運転手は今年7月から勤務し、孫娘の学校への送り迎えを担当していた。だが暴言が続いたことから録音を行ったという。問題発覚後、孫娘は母親に謝罪させられたが、運転手はしばらくして解雇されたという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/25 17:52)

    >問題発覚後、孫娘は母親に謝罪させられたが、運転手はしばらくして解雇されたという どんな理由があろうとも〈盗撮〉(盗聴と言うべきか)は犯罪である。運転手は刑事でも教師でもないはずだ。『子供の教育のためにやった』という言い訳は通らない場合もある。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事