「蔡政権の親米親日、反中政策は台湾を沈ませる」と中国メディア

配信日時:2019年1月21日(月) 15時20分
「蔡政権の親米親日、反中政策は台湾を沈ませる」と中国メディア
画像ID  1045720
19日、環球網は、蔡政権の親米親日、反中政策は台湾を沈ませるとする記事を掲載した。写真は高雄市。
2019年1月19日、環球網は、蔡政権の親米親日、反中政策は台湾を沈ませるとする記事を掲載した。

記事は、中国評論通訊社の報道を引用。昨年行われた台湾の高雄市長選で、韓国瑜(ハン・グオユー)市長は、投票日の5日前に「92年コンセンサス」を認める発言をしたため、多くの人が落選すると考えたが、結果的に89万票以上を獲得して当選したと紹介。韓市長は、「92年コンセンサスを支持する」「道路があるだけで壁はない」などと発言していたと伝えた。

中国評論通訊社はこの点について、「これは高雄の発展及び中台関係にとって非常に重要だ。韓市長は、92年コンセンサスと高雄の経済発展との間を結び、真相と現実を明らかにした」と分析。韓市長のこの言葉は、「92年コンセンサス反対と高雄の経済発展は共存できないという意味だ。陳水扁(チェン・シュイビエン)の時もそうであり、今の蔡英文(ツァイ・インウェン)政権でも同じだ。この2年で台湾は各方面で衰退したという現状がこのことを証明している」と論じた。

記事は、「問題は蔡政権がこのことを認めないことにある」と分析。蔡当局は92年コンセンサスを敵視しており、「親米親日、反中の政策は、九合一選挙(台湾の統一地方選挙)後も調整しておらず、いまだに台湾の足を引っ張り、台湾を沈めさせている」と論じた。

結論として、「92年コンセンサス反対と高雄の経済発展を同時に高雄の空に浮かべることはできない。韓市長の経済発展計画は確実に影響を受ける。中台は共に忍耐しており、変化する力を蓄えていて突破口を模索している。蔡政権は逆行しているが、票は民衆の手にある。20年の台湾総統選に期待したい」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事