2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

台湾が日本5県の食品輸入に「ノー」、中国メディア「日台友好は終わった」

配信日時:2018年12月3日(月) 13時10分
台湾が日本5県の食品輸入に「ノー」、中国メディア「日台友好は終わった」
画像ID  1045570
1日、福島県産など日本5県の食品輸入解禁に「ノー」の結論を出した台湾の住民投票をめぐり、環球網は「日台友好は終わった」と題する記事を掲載した。写真は台湾の統一地方選。
2018年12月1日、福島県産など日本5県の食品輸入解禁に「ノー」の結論を出した台湾の住民投票をめぐり、環球網は「日台友好は終わった」と題する記事を掲載した。

記事はまず、先月24日に行われた住民投票の結果について、「台湾の人々は強固な輸入拒否の意思表示をした」と指摘。「にもかかわらず、『台湾独立』のため日本に取り入って来た民進党は曖昧な態度を示した」と続け、「民進党は投票結果を尊重すると称する一方、メディアを通して『台日友好』に悪影響が生じるなどと民衆を脅かしている」と伝えた。

記事は、「台湾メディアは、日本の河野太郎外相が投票結果に不満を示し、世界貿易機関(WTO)への提訴を考慮するとしたことを大見出しで報じた」「ある『媚日』論説員は、台湾の民意が日本の怒りを招くとまで言い放っている」などと指摘。さらに、中国が新潟県産米の輸入を解禁したことで民進党寄りの台湾メディアが「われわれは福島など5県産食品の輸入により積極的になるべき」と論じたことに言及し、「台湾はもともと新潟産食品の輸入を禁じてはいない。台湾の民衆が反対しているのは福島、栃木、茨城、千葉、群馬の食品だ」などと反発した。

記事によると、「脱原発を掲げる民進党が5県の食品輸入に積極的なのはおかしいのではないか」「原発の発展を求める国民党が輸入拒否することにこそ矛盾がある」といった意見の対立も見られたそうだ。このほか、中国による新潟県産米の輸入解禁を「台日友好への挑発」と捉える声も出たという。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 通りす***** | (2018/12/05 08:27)

    政府を信用出来ない国と国民。 政府を信用してしまう国民。 農産物の大規模抜き取り検査で安全確認が取れ続けた食品のみが流通してる。 一部地域の魚介類はNGです。 こんな発表を信用できる国は日本と日本人だけですよw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/12/04 01:02)

    台湾は日本の5県にノーを言う前に、国内に巣食う外省人(主に国民党)の全てにノーを突き付けて、故郷である本土へ有無を言わせず全て送り返してから再考すべきなんじゃない?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/03 22:29)

    『国』と『国』が違えば、意見や価値観も違って当然である。そうした違いもありながら、万が一の災害などの非常時には、親身に助け合える…これこそが『絆』だ。  中国人の頭には、人を支配する側とされる側、食うか食われるかの殺伐とた心象しかないから、国民と国民が互いに尊敬し合って生きてゆく等という事が理解できないのであろう。  それは中国が、一国二制度などという詐欺的論法で騙し、圧政と暴力で支配下においた香港の人々の苦しみを見れば分かる。  このような姑息な記事で、台湾国民と日本国民の分断を図ろうとするのが、『国』対『国』・『人』対『人』の信頼関係を失った中国人共の姿であろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事