2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

米空母レーガンの香港寄港で自動車の電子キーに異常?―香港メディア

配信日時:2018年11月26日(月) 6時30分
米空母レーガンの香港寄港で自動車の電子キーに異常?―香港メディア
画像ID  1045560
23日、環球時報は、香港メディアの22日の報道を引用し、「ロナルド・レーガン」が香港へ寄港したことで、自動車の防犯システムに異常が発生していると伝えた。
2018年11月23日、環球時報は、香港メディアの22日の報道を引用し、「ロナルド・レーガン」が香港へ寄港したことで、地元の自動車の電子キー等の防犯システムに異常が発生していると伝えた。

記事は、「米国の原子力空母ロナルド・レーガンと駆逐艦など3隻が21日、香港に到着し、湾外の青衣島付近に停泊している。『レーガン』の寄港後、市民から青衣南路に駐車していた2台の自家用車の電子キーが開かなくなったとのクレームが寄せられた。香港島中西区の自動車も電子キーに異常が出ている」と伝えた。

専門家によると、「レーガン」から電子装置に影響を与える電子信号が出ており、これが周辺地区の電子システムに影響を与えている可能性があるという。しかし、米国駐香港特区総領事館は、「『レーガン』の停泊期間中に民間の車両に影響を与えることはない」としている。

香港メディアによると、青衣島南西にある青衣路からは、「レーガン」が見えるため、多くの市民が見に来ているが、ここでは自動車のリモコンキーが効きにくくなっているという。自動車のすぐ近くでリモコンを使用しても、十数回試してようやくロックが解除する状況で、リモコンの信号が明らかに以前より弱くなっているようだとしている。

この点について、香港大学電機電子工程学の前副教授・張星●(●=火へんに韋、ジャン・シンウェイ)氏は、自動車の防犯システムの故障が米軍の「レーガン」などの軍艦のレーダーなどの電子設備と関係がある可能性を指摘。「『レーガン』は、湾外の青衣島付近に停泊しているものの、その電磁波は青衣島沿岸全体に届く」のだという。

また、香港資訊科技商会の方保僑(ファン・バオチャオ)栄誉会長は、「影響を受けているのは主に日本車だ。日本車のリモコンキーは主に315メガヘルツ帯を使用しており、米軍の通信周波数とかぶっているのではないか」との見方を示した。

さらに香港汽車工業学界の李耀培(リー・ヤオペイ)会長は、「以前は香港に寄港した軍艦からの妨害電波というクレームはほとんど聞いたことがなかったが、これは、以前には機器の故障と軍艦とを結びつけて考えていなかったためで、空母は艦上の電子機器と秘密を守るため間違いなく周辺の電波を妨害する。しかし、影響があるのは自動車のリモコンキーや窓の開閉などの簡単な電子リモコン動作だけで、動力システムやその他の機械部分には影響しない」と語った。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丹陽***** | (2018/11/26 12:44)

    横須賀や佐世保、那覇などでも今年の5月頃に同様の事が起きてるらしいですけどね まぁ~米軍も軍用無線では300メガヘルツ帯は使ってますからね~ そして日本でも空母や強襲揚陸艦が入港したタイミンクなんで 相手は軍事用の強力なヤツですから巻き添えを喰らったってとこでしょうね ただそれならそれで空母も米太平洋艦隊の旗艦も日本に常駐してるから これまでにも起きてないといけないけど今年になってという事なら 北朝鮮相手になんかやってるんですかね~ 北朝鮮相手になんかやるなら迷惑だから韓国に行ってやって欲しいものです。 って、朝鮮総連絡みの情報収集の可能性も在るのか、ほんと迷惑な連中だわ
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事