2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

大学入試改革進める日本、より思考力・判断力・表現力を重視した記述型入試を実施へ―中国メディア

配信日時:2018年11月26日(月) 7時0分
大学入試改革進める日本、記述型入試を実施へ―中国メディア
画像ID  1045546
23日、捜狐は、大学受験改革を進める日本が、従来のマークシート選択式のセンター試験を改め、思考力や判断力、表現力を重視した記述式の試験方法を導入する計画を進めていると伝えた。資料写真。
2018年11月23日、捜狐は、大学受験改革を進める日本が、従来のマークシート選択式のセンター試験を改め、思考力や判断力、表現力を重視した記述式の試験方法を導入する計画を進めていると伝えた。

記事は「新しい試験は、現行の大学入試センター試験に代わって2020年度より導入される。初・中等教育から高等教育までの一貫した育成と評価を行う上で、従来のマークシート選択型試験では知識と技能のカギとなる要素である『思考、判断、表現能力』の評価はできなかったとのこと。選択式では多く場合、正しいロジックで解答を導き出さず、選択肢ありきで正答にたどり着こうとするため、記述型問題の導入が必須だという」と紹介した。

そして、新しい試験の内容について、従来のセンター試験に用いられていた数字の穴埋め問題や選択問題を一部継続する一方で、複合科目の選択問題や説明、要約、描画などを含む記述問題なども採用される見通しだと説明。さらに、各大学で実施する試験についても、新たな統一試験をベースに難易度を高め、自由筆記や小論文など学生の創造性、芸術性を問う記述型問題の設計を行うべきだとの見解が有識者より示されたと伝えている。

記事はまた、23年までの移行期間を経て、24年度以降は記述型問題の量を増やすとともに、コンピューターを使用した解答方式が導入される見込みであるとも併せて紹介した。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Tom***** | (2018/11/27 07:36)

    普通なら歓迎すべきだが、不正が横行しそう。女医がいらないなら、男子医大にしろと言う高須先生の主張はもっともだと思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/11/26 08:33)

    >自由筆記や小論文など学生の創造性、芸術性を問う記述型問題の設計を行うべきだとの見解が有識者より示された 〇✕式教育から記述式に移行すること自体は悪くないが、作文に点数を付けることはいただけない。誤字や慣用句の誤用で減点されるならともかくとして、本来自由であるべき〈思想〉について採点するのは人権侵害ではないか。『これは社会常識から見て間違った思想だ』なんて言い出したら、中国みたいになってしまうだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事