D&Gの「中国侮辱」騒動=中国報道官「外交問題にならないことを願う」

Record China    2018年11月23日(金) 10時30分

拡大

22日、中国外交部の耿爽報道官は、ドルチェ&ガッバーナと同ブランドのデザイナーが「中国を侮辱した」として反発の声が上がり、同ブランドが上海で予定していたショーが中止に追い込まれたことについて、「われわれは外交問題になることを望んでいない」と述べた。

2018年11月22日、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、イタリアのファッションブランド、ドルチェ&ガッバーナ(D&G)と同ブランドのデザイナーが「中国を侮辱した」として反発の声が上がり、同ブランドが上海で予定していたショーが中止に追い込まれたことについて、「われわれは外交問題になることを望んでいない」と述べた。

報道によると、D&Gが上海で21日に開催予定だったファッションショーが、開催数時間前にキャンセルされた。騒動の発端は、D&Gがショーのキャンペーンのためインスタグラムやフェイスブック、ツイッター、中国のウェイボーで公開した動画で、女性モデルがピザなどのイタリア料理を箸を使って食べようとするシーンが「差別的だ」と反発を受けた。さらにこの動画への不満をぶつけたネットユーザーに対し、同ブランドのデザイナーであるステファノ・ガッバーナ氏がインスタグラムで、中国を公然と侮辱するような発言をしたことなどから、ショーに招待されていた著名人の多くがボイコットを表明し、ショーは中止に追い込まれた。

耿報道官は、この騒動についてコメントを求められ、「これは外交問題ではないし、われわれは外交問題になることを望んでいない」とした上で、「外交部の報道官より、中国の一般の人たちがこの件をどう思っているか、どう見ているか聞いてほしい」と述べた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携