「日本は統一韓国と張り合えない」世界3大投資家ロジャーズ氏の指摘に、韓国ネット「早く統一を」「ありがたい言葉だけど…」

Record China    2019年4月23日(火) 8時20分

拡大

22日、韓国・聯合ニュースによると、世界3大投資家の1人である、ジム・ロジャーズ氏が「統一した韓国は世界が注目する、潜在力の大きい国になるだろう」との考えを述べた。写真は韓国で行われた南北平和デザイン展示会。

2019年4月22日、韓国・聯合ニュースによると、世界3大投資家の1人である、ジム・ロジャーズ氏が「統一した韓国は世界が注目する、潜在力の大きい国になるだろう」との考えを述べた。

ロジャーズ氏は同日、韓国の釜山で開かれた「日韓トンネル研究会」に出席し、「北朝鮮は相対的に労働力が安いが、教育熱が高く地下資源が豊富だ。韓国には資本と生産施設、世界資本を活用できるネットワークとこれを経営した経験や能力もある」と説明した。さらに「私は日本というまた別の潜在力豊富な国が好きだ」としつつも「(統一韓国になれば)日本の立場としては喜ばしいことばかりではない。日本は統一韓国と張り合えないかもしれない」との考えを示したという。

また、統一韓国のために韓国の政府や自治体がすべき準備としては「米国政府に対し声を上げること」を挙げた。さらに「サムスンなど世界的な企業は統一韓国のためのタスクフォースを設置し、研究している」とし、「他の人たちも同じ準備をしなければならない。私も投資機会を探っている」と述べたという。

その他、釜山がグローバル金融ハブになるため10年にわたって努力を続けているが、いまだ満足のいく成果を得られていないことについては「釜山のような潜在力の大きい都市がなぜ成功できないのか不思議だ」としつつ、「韓国は人種的、文化的に単一化したが、世界の観点では孤立とも言える。外国人流入政策を通じて資本、金融都市としてのイメージを改善するといい」と指摘したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「北朝鮮よ、早く統一を実現して共に裕福に暮らそう!」「統一は選択ではなく必須。韓国経済も南北が力を合わせないと救えない」など統一を願う声が上がっている。

また「統一韓国を喜ぶのは当事者の韓国と北朝鮮だけ。日本、米国、中国、ロシア、英国、フランスなど、みんな嫌がるよ」「技術と資源が豊富な南北が平和統一したら日本を超えて世界の富強国になる。だから日本はあの手この手を使って妨害しようとしているんだ」と主張する声や、「それなのになぜ、韓国内に統一に反対する人が多いのだろう?」と嘆く声も。

一方で「いい加減なことを言わないで。北朝鮮に地下資源が豊富だって?。すでに中国に全て売ってしまったよ」「ありがたい言葉だけど、今の韓国は韓国を統一することすらできていない」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携