2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

韓国の「日本語好き」国会議員がまたも会議中に日本語を使用し批判浴びる

配信日時:2018年11月28日(水) 15時50分
韓国の「日本語好き」国会議員がまたも会議中に日本語を使用し批判浴びる
画像ID  1045160
27日、韓国・世界日報によると、韓国の「日本語好き」国会議員がまたも会議中に日本語を使用して批判を浴びた。写真は韓国の国会議事堂。
2018年11月27日、韓国・世界日報によると、韓国の「日本語好き」国会議員がまたも会議中に日本語を使用して批判を浴びた。

問題の国会議員は韓国野党「自由韓国党」所属の李恩宰(イ・ウンジェ)議員。記事によると、26日に開かれた国会予算決算特別委員会の予算案調整小委員会の席で「分配」という表現を使った。韓国語では「ブンベ」と発音するが、日本語式に「ブンパイ」と発音したとして、批判が上がっているという。ちなみに韓国で「ブンパイ」は「割り勘」のような意味合いで使われることがある。

これを受け、記事は「李議員の日本語への愛情は格別だ」と伝えている。実は今年2月27日にも国会教育文化体育観光委員会で「けん制」という日本語を使用。今月7日の予算決算特別委員会の全体会議でも「『やじ』を飛ばす議員を退場させてほしい」と表現して物議を醸していた。

なお李議員は今年8月、「教育現場に残る日帝(大日本帝国時代の)残滓(ざんし)清算」の見地から「小中等教育法」および「地方教育自治法」改正案を発議していた。「教頭」という表現が日本式であるため「副校長」に変えるという内容だった。そのため、公式の場で日本語の表現を使うことは「矛盾だ」と指摘されているのだ。

これについて、専門家らは「一時的に注目を浴びるが、長い目で見た場合に本人はもちろん党にも不利になる」と警告している。

韓国のネット上では「これで自由韓国党の日本愛が証明された」「ここまでくるともう笑いしか出てこない」「どうか年配の議員を政界に入れないで」「ハングルの日(10月9日)に見たくない国会議員ナンバーワンだろう(笑)」「日本から文化勲章もらえそう(笑)」など李議員を非難するコメントが寄せられる一方で、「工事現場やビリヤード場で使う言葉を聞いたら、きっと『日本語愛があふれる韓国の姿』と記事を書くことになるだろう」「李議員は好きじゃないけど、日本語表現を使うたびにたたくのは理解できない。英語を混ぜて使ったら頭良さそうに見えて、日本語を混ぜて使ったら浅はかになるの?」など反論の声も上がっている。(翻訳・編集/松村)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 17

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事