【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

韓国に中国人観光客が戻ってきた?THAAD以前の水準に回復も、ネットは冷静

配信日時:2018年12月27日(木) 11時10分
韓国に中国人観光客が戻ってきた?ネットは冷静
画像ID  1045145
25日、韓国・聯合ニュースは「『中国人観光客が戻ってきた』…中国路線の航空旅客、高高度防衛ミサイル(THAAD)以前の水準に回復」と題する記事を掲載した。写真は韓国・ソウル。
2018年12月25日、韓国・聯合ニュースは「『中国人観光客が戻ってきた』…中国路線の航空旅客、高高度防衛ミサイル(THAAD)以前の水準に回復」と題する記事を掲載した。

韓国国土交通部によると、韓国の11月の航空旅客数は前年同月比5.6%増の957万人を記録した。これは11月の実績としては過去最高値。11月1日時点で今年の累積航空旅客は1億人を突破し、過去最短記録も打ち立てた。

また、国際線旅客はLCCの拡大、中国路線旅行客の増加、路線の多角化などにより、前年同月比8.8%増の701万人を記録し過去最高。特に中国路線旅客は132万人で昨年11月より24%増加。これはTHAAD配備問題前の2016年11月より3.4%低い数値だ。記事は「THAAD後に激減した中国人観光客が徐々に戻りつつある」と分析している。ただ、免税店を訪れる中国人団体観光客の数は依然として低調で、大半は個人観光客や代理購入業者であるため、本格的な「中国人観光客の帰還」と断定するには難しいという指摘も出ているという。

これを受け、韓国のネット上には「観光客じゃない代理購買者が90%。空港に着いてその翌日に中国に帰る彼らは韓国経済とは無関係」「韓国は別に、中国人観光客のおかげで生活できてるわけじゃない」「中国人観光客に一喜一憂する必要ない。それよりも日本はなぜ観光要素が増え、韓国は何をベンチマークすべきなのか考える方が先」などの声が上がっており、あまり歓迎していないようだ。

しかし一部からは「韓国経済が難しい中でちょっとうれしいニュース」「韓国経済の役には立つ」と肯定意見も寄せられている。(翻訳・編集/松村)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事