2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

ドルチェ&ガッバーナ炎上、「中国人だって差別がひどい」と自省の声も

配信日時:2018年11月24日(土) 0時10分
ドルガバ炎上、「中国人だって差別がひどい」と自省の声も
画像ID  1045107
23日、イタリアのファッションブランド、ドルチェ&ガッバーナが「中国を侮辱・差別した」として大炎上している問題をめぐり、中国版ツイッターのウェイボーでは、中国中央テレビ(CCTV)の評論員で記者でもある王志安氏の投稿が注目を集めている。
2018年11月23日、イタリアのファッションブランド、ドルチェ&ガッバーナが「中国を侮辱・差別した」として大炎上している問題をめぐり、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、中国中央テレビ(CCTV)の評論員で記者でもある王志安(ワン・ジーアン)氏の投稿が注目を集めている。

報道によると、騒動の発端は、D&Gが21日に上海で開催予定だったショーのキャンペーンのためインスタグラムやフェイスブック、ツイッター、中国のウェイボーで公開した動画で、女性モデルがピザなどのイタリア料理を箸を使って食べようとするシーンが「差別的だ」と反発を受けた。

さらにこの動画への不満をぶつけたネットユーザーに対し、同ブランドのデザイナーであるステファノ・ガッバーナ氏がインスタグラムで、中国を公然と侮辱するような発言をしたことなどから、ショーに招待されていた著名人の多くがボイコットを表明し、ショーは中止に追い込まれた。

D&GはSNSを通じて声明を出し、ショー中止について「中国、そしてドルチェ&ガッバーナを愛する世界中の人々に対して私たちが抱いている愛と情熱を持って特別に作り上げたものだった」とし、「今日起こったことは、私たちにとってだけではなく、このイベントを実現させるために昼夜働いた全ての人々にとっても非常に不幸なことだ。私たちの友人やゲストの方々に心の底から謝意を表したい」などと釈明した。だが、中国のネット上では「おわびの気持ちが少しも感じられない」などと批判する声が多く寄せられ、中国の主なショッピングサイトでもD&G商品の掲載取りやめが相次くなど、炎上が続いている。

王氏は22日、こうした騒動について、自身のウェイボーに投稿。「外国人による中国侮辱に対し、われわれは非難すべき時は非難し、ボイコットすべき時はボイコットすべきだ」とした一方で、「だが(中国の)ネット上にも、インド人や韓国人など他の国や民族を侮辱する言葉が大量に書き込まれていることを、われわれも反省し、批判を受けるべきではないのか」などと主張した。

王氏の主張について、中国のネットユーザーからは「同感」「反省すべき時は反省すべき」「ようやく理性的な主張が現れた」などと賛同する声も見られるが、「相手からののしられたらそれは『侮辱』、相手をののしるのは『言論の自由』」「中国を侮辱する人は中国から追い出される運命にある」「今回は著名なブランドによる騒動だ。ネット上の個人の発言とは分けて考えるべき」という主張が多くの共感を集めていた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/24 10:35)

    >インド人や韓国人など他の国や民族を侮辱する言葉が大量に書き込まれている 差別とは『自分より弱い立場のものを苦しめること』を意味している。そのため中国人が日本人を悪く言っても差別にはならない。アジア人が白人を笑っても〈白人差別〉と呼ぶものはいない。つまり(白人)>(中国人)>(韓国、インド等)と言うわけだ。こんな〈カースト)意識を持つことが本当の差別ではなかろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/11/24 07:10)

    今世界で一番批判されるべき差別は、中国政府が取って居るウィグルの宗教差別だ。「イスラム教を信じた罪」の説明でもしてから言え。スパゲッティを箸で食べて格好が悪かったこと位ユーモア程度だ、恥を知れ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事